医師監修

びまん性汎細気管支炎/DPBとは

びまん性汎細気管支炎(DPB)は、呼吸細気管支を中心とし、慢性的な炎症が起こる病気です。40代から50代が発症のピークと言われていますが、どの年代にも起こりうる病気です。男女差はほぼ無いとされています。詳しい原因はまだ、わかっていません。

びまん性汎細気管支炎/DPBの症状

びまん性汎細気管支炎(DPB)は、咳と痰が数ヶ月から、長い時には数年に渡って続きます。そして、進行していくと息切れなども起こるようになり、膿性の黄色い痰が出始めます。また、鼻水、鼻詰まり、後鼻漏などもよくみられる症状です。
  
これは、びまん性汎細気管支炎(DPB)の患者は高確率で過去に慢性副鼻腔炎にかかったことがあるか、同時に発症しているためです。更に、呼吸不全まで症状が進むことがあり、そうなると、唇や爪に、皮膚や粘膜が青紫になるチアノーゼの症状が見られることもあります。

びまん性汎細気管支炎/DPBの原因

びまん性汎細気管支炎(DPB)は、今のところ原因ははっきりと分かっていません。しかし、日本人、韓国人、中国人などの東アジア人が発症する場合が多く、欧米人などにはほとんど発症しないことから、人種差があると考えられています。
  
また、家族の中に気管支の疾患を患っていたり、慢性副鼻腔炎を患っている場合が多いと言われていることや、慢性副鼻腔炎を合併しやすいことなどから、気道の防御機構に関係のある遺伝子が関係があるのではないかと考えられています。実際に、白血球抗原(HLA)のタイプであるHLA-B54をもつ患者が高率にみられます。

びまん性汎細気管支炎/DPBの治療法

びまん性汎細気管支炎(DPB)は、エリスロマイシンを6ヶ月から2年以上の長期に渡って少量ずつ服用する、エリスロマイシン療法が中心となります。エリスロマイシン療法と同時に、去痰薬の使用や、ネブライザーによる治療なども行われます。
ゼーゼーという音が伴う呼吸など、喘息のような症状がみられる場合には、気管支拡張薬が用いられます。また、呼吸不全の症状がある場合には、在宅酸素療法が行われます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください