医師監修

転移性肺がんとは

転移性肺がんとは、他の臓器に発生したがんが肺に転移してできたがんのことをいいます。
もともと、肺は転移が起こりやすい臓器です。その理由としては、全身の血液が一度で肺で酸素化する為、血液の流れに乗ったがん細胞が肺にとどまるとされています。原発性の肺がんとは異なる治療が行われる場合が多いようです。

転移性肺がんの症状

転移性肺がんは、初期状態ではあまり自覚症状が無いのが一般的です。唯一の症状としては、咳と喀血です。
  
病状が進むと、持続性の咳が出るようになり、少量の粘液痰がでるようになります。また、痰に糸状の地や血の塊が混ざることがありますが、大量喀血はあまりないのが一般的です。更に進行すると、胸の痛みが発生するようになり、息切れなどが発生するようになります。反回神経を圧迫した場合に、嗄声があります。
   
また、肺のがんが食道を圧迫したら、嚥下障害が出ます。上大静脈を圧迫した倍は、上大静脈閉塞の症状があらわれる場合もあります。肺尖部にがんができた場合は、肩の痛みやわきの下の痛み、腕の痛み、灼熱痛などが発生する可能性があります。

転移性肺がんの原因

転移性肺がんは、他の臓器に発生したがんが、肺に転移することが直接的な原因です。
一般的には、他の臓器のがん細胞が血液やリンパの流れに乗って、肺に到達することにより発病します。
  
肺以外の臓器は、がん細胞が定着しにくく、転移することが無いのが一般的ですが、肺の肺胞にはたくさんの毛細血管が張り巡らされているため、血液やリンパの流れに乗ってきたがん細胞が引っかかりやすいという特徴を持っています。よって肺は、とても転移する可能性が高い臓器として知られています。
  
基本的には、全身のどの臓器にできたがんでも転移する可能性はありますが、統計的には、腎臓がん、乳がん、骨肉腫、甲状腺乳頭がんなどが、特に肺に転移しやすいといわれています。

転移性肺がんの治療法

転移性肺がんを予防する画期的な方法はありませんが、一般的にがんの予防には、コラーゲンの摂取が良いとされています。
  
コラーゲンには、細胞の活動の調整、止血作用などの重要な作用があります。よって、コラーゲンの摂取によりがん細胞に対する免疫力が高まり、がんに対する抵抗力をつけることができます。
  
コラーゲンの摂取には、コラーゲンを含んだ食材であるフカヒレ・豚肉・ウナギ・ゼリーを食べることにより行えます。また、最近は、サプリメントや、食材に混ぜるだけでコラーゲンを摂取できる調味料感覚のコラーゲンボールなども販売されています。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください