肺寄生虫症はいきせいちゅうしょう

カテゴリ
呼吸器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

肺寄生虫症とは

肺寄生虫症とは、肺に寄生虫が寄生することによって引き起こされる病気です。寄生する寄生虫の種類は多種類あり、日本では、多条包虫や単条包虫などが多く寄生します。治療には主に、薬物療法が選択されますが、寄生した寄生虫によっては、有効な薬剤が存在しないことがあるため、外科的な治療が行われます。

肺寄生虫症の症状

肺寄生虫症は、寄生虫に寄生された時から、数ヶ月経て、症状が出てくることが多い病気です。感染された寄生虫によって症状が異なりますが、咳や痰などが自覚症状として現れることが多く、痰は通常の痰とは異なり、酷く粘り気があったり、血が混じっていたりします。呼吸困難や胸水が発生することもあり、レントゲン検査を行うと異常な影が写りこみます。
感染している肺や肺の近くにある気管支などの臓器の異常だけでなく、発熱の他、血液の異常も発生します。血液への異常では、血中の好酸球の上昇が見られます。
気管支炎や胸膜炎などの病気が発生することもあり、寄生虫が他の臓器に迷入することによって、他の病気を引き起こすこともあります。

肺寄生虫症の原因

肺寄生虫症になってしまう原因は、主に寄生虫を経口摂取することによる感染です。幼虫は、人の口から侵入した後に腹部に感染し、腹部の筋肉で成長した後に胸部へと向かい、肺内で留まって産卵を行います。
寄生虫は動物から動物を介して感染し、動物の肉や臓物に寄生するため、猪などの野生動物の肉を生で食べてしまうことによって感染します。
動物の糞便にも寄生しているため、糞便が混入することによって川の水が汚染され、川の水を人が飲むことによって感染します。水を介して、川に生息する生物に寄生していることも多いため、カニや魚などの川の生物を生で食べることによって感染することも多いです。。
鉤虫などの一部の寄生虫は、皮膚に付着することによって感染します。

肺寄生虫症の治療法

肺寄生虫症となる寄生虫を保有している生物は、山中に生息していることが多いです。肺寄生虫症の予防をするためには、山の食材に注意する必要があります。
狐などの野生動物の糞便や体毛に付着していることがあるため、野生動物に遭遇した際や、糞便が付着している恐れのある植物に触れた際には、よく手洗いをする必要があります。
猪などの山の動物や山菜を食す際には、寄生虫の生命活動を停止させておくために、しっかりと火を通して調理すると安心です。
犬にも寄生する恐れもあるため、街中であっても動物を触った際には、しっかりと手洗いをする必要があります。
治療として、寄生虫を殺す作用のある薬物を投与する、薬物療法が行われます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください