単純性紫斑たんじゅんせいしはん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

単純性紫斑とは

単純性紫斑とは、特に怪我をしたわけではないにもかかわらず、手足の皮下に赤紫色の点状の出血斑が現れることを指します。特に足に見られます。

女性によくみられる症状で、出血斑は数週間ほどで自然に治癒します。

単純性紫斑の症状

単純性紫斑は、20~40歳くらいの若い女性によくみられる病気です。特に打撲や怪我をしたわけではないにもかかわらず、手足、特に膝から下やお尻などに、粟粒から米粒大くらいの大きさの点状の皮下出血(出血斑)が多数現れます。

季節的には、春と秋に多く発症する傾向があります。出血斑は隆起がなく平らで、しこりなどはありません。打撲したときにできるような紫斑が現れることもあり、時には大きな紫斑が生じることもあります。

かゆみや痛み、全身症状を伴うことはほとんどなく、合併症の危険や重篤になるケースもありません。

単純性紫斑の原因

単純性紫斑の原因は、はっきりと解明されていません。高齢者やステロイド薬を使用している人にもみられることがあります。

血液検査などをしても、異常は認められません。毛細血管の弱さが関係しているのではないかと考えられています。つまり、打撲まではいかないものの、何らかの刺激や軽い衝撃などによって毛細血管が破れて内出血を起こし、「あざ」ができるのではないかと考えられています。

単純性紫斑の治療

数週間で自然に治癒するため、特に治療は必要ありません。場合によっては、血管を強くするためにビタミンCなどの薬を内服します。

単純性紫斑は予後が良好であまり心配のない病気ですが、紫斑病などの病気との鑑別が必要です。何度も繰り返すようであれば、違う要因も考えられるため、受診しましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください