スプーン爪(匙型爪甲)すぷーんつめ(さじがたそうこう)

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

スプーン爪(匙型爪甲)とは

爪の中央から先端に近い部分が、スプーンのようにへこみ、先が反ってしまうことがあります。このような状態をスプーン爪と言います。

さまざまな理由で爪が薄く、柔らかくなってしまい、そこに外力が加わることで症状が現れます。

スプーン爪(匙型爪甲)の症状

スプーン爪の多くは手の指に発生しますが、足の指に発生することもあります。

爪が徐々に扁平になり、進行するとスプーンのように中央部分がへこみ、爪の先が上向きになります。痛みなどは特にありません。

乳幼児の手足に生じるスプーン爪は生理的なもので、ほとんどは思春期までに消失するため心配はいりません。徐々に正常の爪になっていきます。

職業性のスプーン爪は、親指、人差し指、中指の3本にスプーン爪がよくみられます。

スプーン爪(匙型爪甲)の原因

病気によるスプーン爪


鉄欠乏症貧血甲状腺機能亢進症などの病気に伴って、スプーン爪が生じることがあります。病気により爪が薄く柔らかくなることが要因です。

職業性のスプーン爪


美容師など有機溶媒の薬品をよく扱う職業の人や、農業など指先に力を入れることが多い職業の人にも、スプーン爪が多くみられます。

深爪によるスプーン爪


日常生活において原因となるのは、爪の切り方です。爪の両端を短く切ると、指に加わる力を爪甲が支えきれなくなり、スプーン爪につながります。

スプーン爪(匙型爪甲)の治療

スプーン爪は、原因となる要素を排除することで正常な状態に戻ります。鉄欠乏性貧血の場合は、鉄分の多い食品を摂取したり、鉄剤を服用したりすることで、治療・予防することができます。爪の両端を短く切る傾向のある人は、深爪をしない切り方に改善します。

職業性のスプーン爪の場合は、指にかかる力を分散するようにしたり、薬品などを扱う場合は手袋などで保護したり、爪のケアをすることで症状を軽減していきます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください