網状皮斑(リベドー)もうじょうひはん(りべどー)

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

網状皮斑(リベドー)とは

網状皮斑とは、皮膚の末梢循環障害によって、皮膚表面に赤紫色をした網目状、もしくは樹枝状の模様が見られる状態を指します。

特に下肢を中心に見られやすいのが特徴です。

網状皮斑(リベドー)の症状

網状皮斑の症状には、以下の3種類あります。

大理石様皮膚


大理石様皮膚は、主に子どもや若い女性に見られることが多い症状です。皮膚に現れる模様は網目状の場合が多く、主に冬場の寒冷刺激によって生じます。外気温が上昇すると自然に消失することが多い、一過性の症状であることが特徴です。

細網状皮膚


細網状皮膚は、完全に環が閉鎖した網目状の模様が皮膚に現れます。寒冷以外に原因があり、外気温の上昇でも症状が消えないのが特徴です。

樹枝状皮斑


樹枝状皮斑は、皮膚に現れる模様が網目の途切れた状態(樹枝状)であることが特徴です。寒冷以外に原因となる病気が潜んでいる可能性があります。

網状皮斑(リベドー)の原因

大理石様皮膚、細網状皮膚、樹枝状皮斑のいずれも、寒冷やその他の病気によって血流が悪くなった際に起こります。

血流が悪くなると、酸素含有量の低い血液が皮膚末端の血管にとどまって、毛細血管の拡張が起こります。その結果、皮膚に網目状もしくは樹枝状の模様が現れます。
  
寒冷以外に考えられる網状皮斑の原因としては、膠原病やクリオグロブリン血症などの病気が挙げられます。また、症状が進行すると、拡張した血管が変質し、皮膚炎や潰瘍などを起こす場合もあります。

網状皮斑(リベドー)の治療

寒冷を原因として網状皮斑が出やすい場合は、体を冷やさないことや、マッサージでうっ血を防止することが、網状皮斑の予防や改善につながります。また、他に原因となる病気があって症状が出る場合には、その治療が最優先となります。
 
普段から軽い打撲や摩擦で内出血を起こしやすい、血管系の弱い方によく見られる症状のため、不安があれば皮膚科の医師に相談しましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください