うっ滞性皮膚炎うったいせいひふえん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

うっ滞性皮膚炎とは

うっ滞性皮膚炎は、静脈の循環不全に伴う下腿の浮腫、色素斑、点状出血などを呈する、慢性の皮膚疾患です。下肢静脈瘤などと合併しやすく、女性に多いといわれています。

うっ滞性皮膚炎の症状

うっ滞性皮膚炎の症状は、ひざ下の3分の1の場所に浮腫や、茶褐色の斑点、紅班や、点状の出血などが現れます。痛みを伴うため、掻いてしまうことにより湿疹を併発します。
  
長時間立っていたり、長距離を歩いたりした際の夜に足がむくみ、次の日には改善という事を繰り返す事により、茶褐色の色素沈着が起こり、かゆみを伴います。かゆさから患部を掻くことにより、表面が湿疹になった後、かさぶたになり、紅班に移行していきます。
  
この紅斑は、いくつも現れ、そして大きくなっていきます。また、むくみやだるさなども症状として現れるという特徴があります。

うっ滞性皮膚炎の原因

うっ滞性皮膚炎の原因は、遺伝的な要素と加齢や肥満、出産などにおける血行障害が原因の一つとして考えられています。
   
遺伝は家族に下肢静脈瘤などの症状を発症している場合は、慢性的な循環不全が遺伝するといわれています。また、加齢や肥満に伴い、血行障害を引き起こす場合は、血液が静脈に停滞するうっ滞が生じるため、必要な酸素や栄養が供給されず、慢性的な皮膚疾患であるうっ滞性皮膚炎を発症するといわれています。
  
長時間の立っていることや、長距離を歩くことも、血行障害を誘発する要因とも言われているため、注意が必要です。

うっ滞性皮膚炎の治療法

うっ滞性皮膚炎は、慢性的な血行障害が、静脈に血液を停滞させてしまう、うっ滞につながるため、血行不良などを改善することが予防につながります。長時間立ったままや、足の疲れを感じた場合は、休憩取り、可能なら横になって、足元を心臓より高くしてあげることで、血液を心臓に戻す事ができます。お風呂上りなど体が温まった時にマッサージを行い、血液の循環を良くしてあげることも血行促進につながり、簡単にできる予防法の一つといえます。

治療の基本は安静を保ち静脈の血行障害を改善させることです。弾性(だんせい)ストッキングや弾性包帯を用いるのも効果的でしょう。ヤクブツ療法として、皮膚炎に対してはステロイド外用薬を塗ります。場合によっては、静脈瘤に対する治療を行います。方法は、レーザー治療や硬化療法が挙げられます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください