慢性色素性紫斑まんせいしきそせいしはん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

慢性色素性紫斑とは

慢性色素性紫斑とは、下肢に点状の紫斑が多く現れた後、褐色の色素斑が広がっていく症状のことです。中年期以降に発症しやすく、症状によってシャンバーグ病、血管拡張性環状紫斑、紫斑性色素性苔癬様皮膚症、痒痒性紫斑などに分類されています。

症状

慢性色素性紫斑の症状として挙げられるのは、下肢に点状の紫斑が見られることです。症状が進むと、毛細血管の拡張や紅褐色の色素沈着が現れて、慢性化していきます。

さらには、大腿や下腿、腰臀部へと色素斑が広がる場合もあります。症状によって、いくつかの型に分けられています。不規則な色素斑が見られるジャンバーグ病は、代表的な症状として知られています。下肢のなかでも下腿に症状が現れることが多く、両足に発症する特長があります。

発症は、点状の紫斑が多くでき、紅褐色に変化し広がっていきます。かさかさしたり、かゆみを伴ったりする場合もあります。皮膚に出血が見られても、血管や内臓には異常ないことがわかっています。

原因

慢性色素性紫斑の原因は、はっきりと解明されていません。原因として考えられているのは、毛細血管の脆弱化やうっ血などが挙げられています。

また、衣類の接触なども原因なのではと考えられています。高血圧や静脈瘤がなんらかの影響を与えているという説も報告されています。静脈の流れが滞ることによって、皮膚に症状が現れるのではともいわれています。

中年以降の人に多く発症する皮膚病で、良性の疾患群に分類されています。全身症状に進むことはなく、自覚症状もほとんどありません。原因の解明が待たれる皮膚疾患として知られています。発症すると、対処療法が施されますが、数年で快癒する場合がほとんどです。

治療法

慢性色素性紫斑は、原因が解明されていないため、有効な予防策はありません。下肢に、点状の紫斑が見られたら、すぐに専門医の診断を受ける事が重要となります。

治療は、対処療法となり、症状の悪化を防ぐことが必要です。眠る時には、足を高くすると悪化の予防に効果があると考えられます。

症状によっては、ステロイドの外用薬や血管を強くするビタミンCの投与などが行われます。毛細血管の脆弱化が原因として疑われているので、血管を強化する対処法が効果的と考えられます。下肢にできるだけ負担をかけないことも大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください