肉芽腫性口唇炎にくがしゅせいこうしんえん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

肉芽腫性口唇炎とは

肉芽腫性口唇炎とは、自覚症状が現れることなく突然唇が腫れる症状のことを言います。腫れた状態は、数時間から数日間に及び、やがて唇がゴム状のように硬くなる場合も見られます。下唇全体が腫れたり、唇の部分的なところが硬くなったりする特長があります。

症状

肉芽腫性口唇炎の症状として挙げられるのは、下唇全体が突然腫れることです。または、唇の部分的なカ所が、硬くなる症状もあります。

痛みやかゆみも無く、見過ごされる場合も考えられます。症状は、ほうっておくと数時間から数日間で消失することもありますが、再発を繰り返す特徴をもっています。再発を繰り返すと、腫れていた部分が硬くなりゴム状の症状となってしまいます。

発症には、男女差はなく、あらゆる年齢で現れる症状として知られています。初期の場合は、血管浮腫と症状が似通っており、区別できないこともあります。唇の腫れのみの症状が最大の特長といえる疾患です。

原因

肉芽腫性口唇炎の原因は、はっきりと解明されていません。症例によりわかっているのは、感染病巣の影響や、歯科治療の金属アレルギーが関係しているのではということです。歯科の治療を行った後に、肉芽腫性口唇炎を発症した場合は、使用した金属が関わっている可能性が高いといえます。また、自律神経の異常によっても、肉芽腫性口唇炎を引き起こすと考えられています。

他にも、原因としてクローン病やサルコイドーシスに伴う症状ではないかという報告もあります。いずれにせよ、肉芽腫性口唇炎のはっきりとした原因はわからないままです。唇が突然腫れたり、赤く硬くなっていたりしたら、皮膚科や歯科の診断を受けることが必要です。

治療法

肉芽腫性口唇炎は、原因がはっきりと解明されていないため、有効的な予防薬はありません。自覚症状もなく、突然発症する疾患なので、予防することができません。ただし、金属アレルギーが大きく関わっているということはわかっているので、歯科治療の有無が診断のためには重要となります。

肉芽腫性口唇炎の治療は、皮膚科や歯科で行われます。症状を見ながら、薬物治療が施されます。痛みやかゆみなどの症状がないので、そのまま放置してしまいがちですが、早めに専門医を受診することが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください