毛孔性紅色粃糠疹もうこうせいこうしょくひこうしん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

毛孔性紅色粃糠疹とは

毛孔性紅色粃糠疹は、毛穴に角化異常が起こり、手足、指、肘、膝、腹部などに白っぽい垢を伴う紅斑が現れ、長期にわたり患うことで、紅斑がくっつき乾癬様になる病気です。発症原因は不明ですが、若年型と成人型があり、通常は若年型は1年以内、成人型は2?3年以内に自然治癒します。

毛孔性紅色粃糠疹の症状

毛孔性紅色粃糠疹の症状は、ほとんどの場合頭皮や顔面から発症し、次第に全身に拡がりますが、若年者では下半身から発症することもあります。赤く堅い粟粒ほどの大きさの小隆起が毛穴に沿って現れます。
  
頭皮では、細かいフケの発生、手の平や足の裏は赤みを伴い、がさがさし、角質層が異常に厚くなるのが特徴的なことの一つです。肘や膝の外側は、左右対称に厚い角化性の病気を引き起こすこともあります。
  
重症になると、紅斑がくっついた状態が全身に拡がり、剥脱性皮膚炎に至る場合もありますが、一部には必ず正常な皮膚が残ります。痛みや自覚症状がないことも多いですが、発熱や関節痛を伴う場合もあります。

毛孔性紅色粃糠疹の原因

毛孔性紅色粃糠疹の発症原因は明確にはされていません。ただし、この疾患には、若年性古典型と成人性古典型の2つの代表的な病型があり、若年性古典型発症のピークは、小児期と中年期で、常染色体優性遺伝を示すことから、遺伝によるものが多いのではないかと考えられています。
  
これに対し、成人性古典型は、成人期に発症し、遺伝性が認められないのが特徴です。どちらの場合も、非典型型が存在し、日光が症状悪化の誘因となることは分かっています。ステロイド薬や活性型ビタミンD3外用薬を使用することで、改善の効果は得られています。
他にも3つの型があることが知られています。

毛孔性紅色粃糠疹の治療法

毛孔性紅色粃糠疹の原因が明確ではないため、事前に予防することは困難です。しかし、日光が誘因するということが分かっているため、過度な日焼けを避ける事が予防として有効です。人に感染する心配のない病気ですが、放置しておくことで、徐々に紅斑が拡がり、治りにくくなってしまいます。
  
根本的な治療法は確立されておらず、症状が悪化するほど治療が難しいことから、症状が見られた場合には、できるかぎり早めに皮膚科を受診し、検査を受けることが重要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください