放射線皮膚炎ほうしゃせんひふえん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

放射線皮膚炎とは

放射線皮膚炎とは放射線照射によって引き起こされる皮膚障害です。しかし、発症の原因である放射線の照射時間や被爆量によっては異なった症状が現れるため、同じ皮膚炎であっても二種類に分岐してしまいます。一つは、短期間で大量の放射線を浴びた結果、発症してしまう急性放射線皮膚炎。そして、もう一つは長期に渡って徐々に被爆していった結果、発症してしまう慢性放射線皮膚炎です。

放射線皮膚炎の症状

放射線皮膚炎は発症の原因である被爆時間・被爆量によって急性と慢性という二種類のうちのどちらかを発症するため、現れる症状は異なったものとなります。
   
短期間で大量の放射線を浴びてしまった結果、発症にいたってしまう急性放射線皮膚炎の場合は、発症から24時間以内に紅斑とむくみが現れ、凡そ数週間程度は続きます。また、一度の被爆量によっては小水疱やびらん、やけどのような潰瘍ができ、瘢痕が残ります。
  
一方、長期に渡って徐々に被爆した結果、発症にいたってしまう慢性放射線皮膚炎の場合は、落屑や脱毛徐々に進行し、外傷の完治に遅れが生じるようになります。そして、角化や潰瘍化が進んだ結果、皮膚がんを発症する可能性があります。

放射線皮膚炎の原因

放射線皮膚炎の原因は放射線照射による被爆によって発症します。そのため、日々の生活の中で放射線と関わることがなければ、発症にいたる機会が少ないのが現実です。
   
しかし、近年では放射線の細胞ないしDNAに傷害を与える特性を利用した放射線治療や、レントゲンに使われるX線などが医学的に実用化されていますので、放射線を浴びる機会が増加しています。その際、何らかの不手際で一度に大量の放射線を浴びてしまった場合、自ずと放射線皮膚炎を発症するリスクも高まります。
   
また、原子力発電所で放射線を取り扱う業務に従事している作業員・技師の場合は、必然的に被爆するリスクが高く、原発事故が発生した際は急性・慢性共に発症する可能性があります。

放射線皮膚炎の治療法

放射線皮膚炎の発症原因が放射線照射による被爆である以上、完璧な予防法としては放射線治療や被爆する可能性の高い業務に従事するのを避けることが唯一無二の方法です。
  
しかし、放射線を浴びるか浴びないかは個人差があり、放射線を避けるという方法は現実的ではないのが実情です。そのため、医療面においてはなるべく放射線治療を避け、原子力発電所の業務面であれば防護服などで守る、といった対策以外に方法はなく、あとは症状が現れてからの初期対応となります。
  
過去に被爆した経験があり、疑わしい症状が現れた場合は、専門医による検査を受ける必要があります。特に急性放射線皮膚炎の場合は早期の診断と治療が求められます。

治療は、みやみに軟膏などを塗布する事により悪化する可能性があります。
状態に合わせて適切な処置が必要です。
無処置で経過をみていくということが適切な場合もあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください