妊娠性疱疹にんしんせいほうしん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

妊娠性疱疹とは

妊娠性疱疹は、主にかゆみの伴った赤い斑点や水ぶくれのような症状を伴う病気です。妊娠をしている女性に発症するのが大きな特徴ですが、母体に対するダメージは気にしなくても構いません。妊娠期間中だけ発症するものが多いですので、妊娠が終わった後はそれほど神経質になる病気ではないのです。

妊娠性疱疹の症状

妊娠性疱疹の症状は、発疹のような赤い斑点と共にかゆみがあることが大きな特徴だと言えます。
この赤い斑点は特定の場所に現れるわけではなく、身体のあらゆる場所に現れます。
しかし、妊娠をしている間だけ出てくる特殊な症状ですので、慌てたりする必要はありません。人間の身体に対して著しいダメージを与えてしまうものではありませんし口の中などに出来ても大きな痛みは伴いません。
この症状は、他の病気と併合して大きな病気に発展する可能性は低いものなのです。病気とは言っても患者によっては、妊娠している過程で自然と斑点や水ぶくれのようなものが出てきてしまうこともありますので、一度出てきたときには医師ときちんと相談することが賢明です。

妊娠性疱疹の原因

妊娠性疱疹の原因は、妊娠している患者の中に存在する血液にあります。人間の中には、外部からのウイルスなどに対抗するために免疫力を持った物質が多く存在しています。
妊娠性疱疹はこの免疫力を持った免疫グロブリンという物質によって引き起こされます。
この免疫グロブリンを本来、外敵と戦うために存在している物質なのですが何らかの欠陥によって皮膚に存在する細胞に対して攻撃を始めてしまうために、妊娠期間中に身体から斑点や水ぶくれが出来てしまうのです。
こうした一部の免疫グロブリンの暴走によって皮膚が傷けられてしまうので、気がついたときには妊婦の身体に妊娠性疱疹の症状が蔓延しています。そのため、すぐに気がつける症状だと言えます。

妊娠性疱疹の治療法

妊娠性疱疹の予防はそれほど難しいことではありません。症状が軽い人は子供を出産し終わった後に自然と症状が消えることもあります。
また、妊娠性疱疹の症状がきつい人であっても血液検査を受けて適切な対処を取れば比較的簡単に治療できる病気だと言えます。
薬による治療法も確立されており、基本的にステロイド薬を投与し続けることによって症状を抑えることが出来ます。しかし、ステロイド薬を投与されているときは副作用によって病気の原因となっている免疫力が弱くなることがありますので、他の病気を併発させないように十分注意をしなくてはいけません。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください