汗孔角化症かんこうかくかしょう

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

汗孔角化症とは

汗孔角化症は肌に楕円形や円形のぼつぼつができ、中心がへこんでいるものが体全体に発症しているものをいいます。触れるとがさがさしています。一部に遺伝性のもありますが、原因はよくわかっていません。角化細胞の異常クローンが拡大するものといわれています。

症状

汗孔角化症は皮膚病のひとつで全身の肌、特に手足首背中などにがさがさした楕円形のぶつぶつが発症するのが特徴です。不規則な形をしているので角化異常症ともいわれています。真ん中部分がへこんでいることが特徴です。融合して範囲が拡大することもあります。
症状から汗孔角化症と特定できますが、病理診断で確定します。軟化剤を長期間賦与することで改善すると言われていますが、慢性化することが多く、病状によっては悪性化してBOWEN病や有棘細胞癌に発展することもあります。青年男子に多く見られますが、痛みやかゆみがなく顔に発症していない場合には自覚症状がない場合もみられます。遺伝と言われていますが、両親に症状がない場合も多く有ります。

原因

汗孔角化症の原因は異常角化を引き起こす表皮細胞のクローンが不全角化することだと言われています。遺伝性のもので常染色体優性遺伝で男児によく見られます。汗孔とは必ずしも一致しません。
皮膚の細胞が隆起したり、円柱状なったりすることでぶつぶつとした肌になってしまいます。黒褐色に隆起するため、顔や腕、足に発病した場合には目立ってしまいます。角質を溶かすサリチル酸ワセリンで治療しますが、日光や刺激によって発症するといわれており、慢性化することが多く治りにくい病気です。bowen病や有棘細胞癌などの合併症を引き起こすと命にかかわる病気となります。有棘細胞癌は皮膚がんになる可能性の高い細胞として知られているからです。

治療法

汗孔角化症は紫外線によって異常細胞が発症すると考えられています。そのため長時間日光にあたらないようにすることを予防方法としてあげています。入浴やスキンケアで肌に刺激を与えないこと、刺激物である香辛料を多く撮りすぎないこと、糖分や油分をとりすぎないこと、アルコールをとりすぎないことなどがあげられます。指のささくれやひげ剃り跡、手足の肌あれもほっておかずに手入れをきちんとすることで異常細胞の発症を食い止める効果があると考えられています。
遺伝の場合は予防が難しいですが、皮膚がんにつながるような細胞の変化を抑制するために早めに医師の診断を仰ぐことが大切になります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください