カミソリ負け/尋常性毛瘡かみそりまけ/じんじょうせいもうそう

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

カミソリ負け/尋常性毛瘡とは

カミソリ負けは、鼻の下やあごなど硬いひげが生える部分にできやすい細菌によって引き起こされる毛包炎や毛包周囲炎のことです。ひげなど体毛を剃ったあと、かみそりで傷ついた部分に膿のあるぶつぶつができます。毛包炎は一つの毛包、つまり毛穴の奥で毛根を包んでいる部分にブドウ球菌が感染して起こる皮膚炎です。

カミソリ負け/尋常性毛瘡の症状

カミソリ負けの症状は、口ひげ、あごひげ、頬ひげなど、硬いひげの毛包に一致して赤いぶつぶつ(丘疹)や中央に膿をもったぶつぶつ(膿疱)ができます。浅い部分にできる時は、かゆみや痛みはほとんどなく、表在性毛包炎と呼びます。
丘疹や膿疱を触ると硬いものは、おできの軽いもの、小さいもので軽い痛みがあり、深在性毛包炎と呼ぶこともあります。
尋常性毛瘡/かみそり負けは、赤いぶつぶつのため、ニキビのようにも見えます。自然に治ることがほとんどですが、思い当たる原因が分からず、長期間続くときは、皮膚科に相談します。

カミソリ負け/尋常性毛瘡の原因

カミソリ負けの原因は、ブドウ球菌の感染です。
コアグラーぜ陰性ブドウ球菌(表皮ブドウ菌)や黄色ブドウ菌、それぞれあるいは両方同時に感染し発症します。かみそりなどで毛包部に軽い傷が付いたり、皮膚が湿っている状態が長時間続いたりした場合、または副腎皮質ステロイド薬を塗布している場合が誘因となって起こることが多いです。
ほとんどの場合、切れない刃でのひげ剃りや極端な逆剃りを原因としてできるとても小さな傷からブドウ球菌が侵入して起こります。そのまま毎日ひげを剃り続けていると細菌がどんどん繁殖し、症状が悪化してしまいます。また、睡眠不足などで免疫機能が低下しているときも細菌を退治することができず、感染してしまいます。

カミソリ負け/尋常性毛瘡の治療法

カミソリ負けを予防するには、シェービングフォームをつける前に蒸しタオルで肌を充分温め、肌も皮膚も柔らかくすることです。そして、肌とかみそりの摩擦を軽くして、切れ味の良いかみそりを使って順剃りをします。
T字かみそりから電気シェーバーに替えて症状が緩和されたという事例もあります。
何よりも清潔にすることが一番ですので、意識して手洗いを行い、ひげを剃った後に必ず洗顔をするようにします。シェービングの後はアフターシェービングローションや、肌が突っ張るようならば、保湿剤などで水分と油分をしっかり補給しましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください