カンジダ性間擦疹かんじだせいかんさつしん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

カンジダ性間擦疹とは

カンジダ性間擦疹は皮膚カンジダ症の一種で、指間カンジダ症、カンジダ性爪囲炎と同じく真菌であるカンジダの感染によっておこる皮膚病です。この菌は健康な人の口の中や消化器官、膣などに住みついており、抵抗力が落ちたり、皮膚に湿り気が増した時などに、真菌が繁殖して病気をおこします。

カンジダ性間擦疹の症状

皮膚カンジダ症の代表的な疾患であるカンジダ性間擦疹は、夏場の汗をかきやすい時期に好発しやすくなっています。おむつをした乳児のももの付け根や太った人の乳房の下やわきの下にできやすく、寝たきりの老人にも症状がでやすい傾向にあります。
カンジダ性間擦疹は湿っていて、こすれやすいところにできるので、皮膚や関節部分などのくぼみなどの汗がたまりやすい部分に沿って赤や紫に変色し、その皮膚の皮がむけたりします。白くふやけたような小さな水嚢や膿疱がまじり付着するため、ただれをおこしやすく、かゆみを伴いますが軽度のかゆみです。
患部には境界線がはっきりとした、赤みがでますが、辺縁がカサカサに乾燥したり、びらんを形成することもあります。

カンジダ性間擦疹の原因

カンジダ性間擦疹はカンジダというカビ、真菌が増殖することが原因でおこる皮膚病です。
カビ菌であるカンジダは湿っていて不衛生な状態になりやすいところを好むため、汗をかきやすい夏場あるいは肥満体質で多汗である人は菌を増殖させやすいため、発症しやすいとされています。
ほかにも、糖尿病患者や、衛生状態を保ちにくい寝たきりの高齢者、おむつを使用している新生児、高齢者などは、発症しやすいといわれています。
カンジダは健康な人の体内に普通にいる菌ですが、病気や過労などで抵抗力が落ちた時に、活発に活動する傾向があります。こうした要因と梅雨や夏場のムレやすい時期や環境が重なった時に、一気に菌が繁殖を起こすことがわかっています。

カンジダ性間擦疹の治療法

カンジダ性間擦疹を予防するには、汗をかきやすく、皮膚や関節のしわができ汗がたまりやすい箇所を、清潔に保つことを心がけます。なるべく通気性のいい衣類や下着を身に着け、おむつなどはこまめに取り替えていきます。
肥満体型の人は発症しやすく、多汗にもなりやすいため、バランスのいい食事をおこない体質改善をすることも必要です。
また、仮にカンジダ性間擦疹の症状がでた場合には、素人判断をして、市販薬のステロイド含有の塗り薬などを使用すると、症状が悪化します。患部を清潔にし、なるべく乾燥させることを心がけ、病院を受診します。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください