カンジダ性指間びらん症かんじだせいしかんびらんしょう

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

カンジダ性指間びらん症とは

カンジダ性指間びらん症とは、カンジダという真菌の増殖によって起こる手の指と指の間が赤くなり、皮膚がむけたりただれたような状態になります。

かゆみには個人差があるものの、強く出ることは多くありません。

カンジダ性指間びらん症の症状

カンジダ性指間びらん症の主な症状は、手の指と指の間(主に中指と薬指の間)が赤くなり、皮がむけたり、ふやけたりします。かゆみには個人差があり、ないこともあれば、痛がゆさが出ることがあります。

カンジダ性爪囲爪炎(そういそうえん)という合併症を起こしている場合は、爪の根元あたりが赤くなり化膿したりすることがあります。

カンジダ性指間びらん症の原因

カンジダ性指間びらん症は、カンジダという真菌の増殖によって起ります。水仕事の多い人や飲食業、美容業などをしている人に発症するケースがほとんどです。

カンジダ自体は、性別問わず人間の体内(口腔や膣、気管支など粘膜の多いところ)や皮膚に常に存在しているカビの一種です。日常生活の中で害を及ぼすことはあまりありません。しかし、疲労が溜まっていたり、真菌が増殖しやすいジメジメした環境であったり、抵抗力が低下していたり、生活習慣が不規則だったりするときに増殖し、炎症を引き起こします。

カンジダ性指間びらん症の治療

カンジダ性指間びらん症を発症したら、皮膚科を受診してください。抗真菌薬を塗って治療します。

カンジダ性指間びらん症の予防

カンジダ性指間びらん症の原因はカンジダの増殖です。カンジダはカビの一種のため、ジメジメした場所を好みます。

また、カンジダは体力が低下している際に増殖します。普段から規則正しい生活で体調管理をして、手を乾燥させることで、ある程度予防することができます。体調不良の方、妊婦さんが水仕事を行う際は、手袋などをすることをおすすめします。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください