外陰カンジダ症がいいんかんじだしょう

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

外陰カンジダ症とは

外陰カンジダ症とは女性器の外陰部におこる腫れやかゆみ、痛みなどの症状がおこる炎症の事です。他にもおりものの増加や性交痛などの自覚症状がおきます。性行為だけでなく、もともと自分の体内にある、カンジダ、大腸菌、ブドウ球菌などカンジダ属の真菌に感染した事で発病します。性行為で感染した場合はパートナーも同時に治療を行います。

外陰カンジダ症の症状

外陰カンジダ症の症状として多いのは外陰部のかゆみです。

おりものが増えることもあり特徴としてはヨーグルト状になります。また、性器が熱を持ちヒリヒリしたり性行為で痛みを感じる場合もあります。他にも排尿時に違和感を感じたり痛みを感じるなどの障害がおきます。

また、カンジダは男性の場合は菌を保有していても特にこれといった症状が現れることはありません。かゆみの症状をほっておくと痛むように熱くなり更にかゆみが増していきます。

もちろんすぐに病院を受診する事が望ましいですが行かずに掻いてしまうと外陰に傷がついてしまうので悪化してしまいますので気をつけなければなりません。ジーンズやぴったりとしたガードルなどを身につけていると余計にかゆみが出ることもあります。

外陰カンジダ症の原因

外陰カンジダ症の原因はカンジダ菌に感染する事です。性行為によりうつる事もありますがもともと体内に持っている菌であることから体調が悪い時に発病することもあります。

風邪が長引いていたり、疲労がたまっていたり、ストレスで免疫力が低下してしまい感染する事もあります。人によってはステロイド剤や抗生物質を長く飲んだ場合や妊娠したことで症状が現れる事もあります。

免疫低下しているところに通気性の悪い下着やガードルをつけたり、ぴったりとしたジーンズなどはカンジダ菌が繁殖しやすい場合もあるので生息しにくいように通気性の良いものを着用することも大切です。

性行為で感染したことに気がつかないでいると、自分が治療した後の性行為でまたうつってしまうので性行為後の発病の時はパートナーも治療する事が大切です。

外陰カンジダ症の治療法

外陰カンジダ症にならないように予防を心がけることが大切です。
疲れやストレスをためないようにすることで免疫力の下がらない健康的な生活をできるようにします。また、きつい下着やパンツで締め付けたり蒸れるような素材のボトムスを避けたりすることも予防につながります。そして、性行為後になってしまったら必ずパートナーも一緒に治療をしなければなりません。
また、見落としがちなのが薬です。耳鼻科などでアレルギー治療の為にステロイドや抗生物質を長期に服用している時はそのことが原因で発病している場合もあります。
もし服用中にカンジダ症にかかったら医師に服用中である事を伝えて薬の相談をするようにしましょう。

治療は薬物療法が行われます。外用薬の他、膣錠や内服薬が処方される場合もあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください