爪甲下角質増殖症そうこうかかくしつぞうしょくしょう

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

爪甲下角質増殖症とは

爪甲下角質増殖症は主に足の親指に現れやすい症状です。爪が分厚くなって粉状に剥がれ落ちていくような症状が一般的で、乾癬や水虫菌が原因になって起こる場合が多いです。外用薬と内用薬での治療で効果が出る場合がほとんどです。外用薬だけでは効果が無いことも多いので適した薬を使う必要があります。

爪甲下角質増殖症の症状

爪甲下角質増殖症の主な症状は爪が分厚くなっていくことと、厚くなった爪が剥がれ落ちてしまうことです。水虫菌が原因になることも多いので、かゆみが伴うこともあります。状態によっては出血や他の感染症を併発してしまうこともあります。

主に足の指にあらわれることが多いですが、感染してしまう場合もあり、気づいたらすぐに対処する必要があります。乾癬や水虫は他の足の指などにうつってしまうこともあるので、かゆみは足全体に広がっていることもあります。

症状は時間をかけて広がっていく場合が多く、気づいた時にはかなり重症になっていることもあります。かゆみと足の爪から出てくる粉のようなものが多くなってから気付くことが多くなっています。

爪甲下角質増殖症の原因

爪甲下角質増殖症の主な原因は、水虫菌や乾癬と言われています。根本的な原因としては不潔な状態や、湿気のある状態を続けてしまったことで、生活習慣や足の健康に十分気を遣うことが大切です。

清潔にして、しっかりと乾燥させ、食事もきちんととって免疫力を上げていけば感染はほとんどありません。時に爪の成長異常で爪甲下角質増殖症が起こることもあります。

遺伝的な問題が有ることもあり、外用薬や内用薬での治療で完治させられない場合には遺伝子疾患を疑うことも大切です。

水虫を放置しておくとこの爪甲下角質増殖症にまで悪化してしまうこともあり、足の異常や健康面の異常などは早めに改善していくことで、こういった症状を防ぐことができます。

爪甲下角質増殖症の治療法

爪甲下角質増殖症を予防するには清潔な足を維持し、食生活をきちんと管理することが大切です。足を蒸れたままにせず、しっかりときれいに洗って乾燥させるなどの工夫が必要です。健康を維持していればそれほど悪化することもなく、水虫も早い時期に治療できるため、重症化せずに治せます。

もし爪甲下角質増殖症の症状が見られても、すぐに医療機関へかかることで早期治療が可能です。遺伝子に問題があると判明するのを早めるためにも医療機関での検査は早いほうが良いと言えます。

ストレスが多い仕事やずっと靴を履いているような仕事をしている場合には日頃から注意する必要があります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください