単純性顔面粃糠疹たんじゅんせいがんめんひこうしん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

単純性顔面粃糠疹とは

単純性顔面粃糠疹とは、境界がはっきりしない不完全な脱色斑が見られ、親指大までのもので粃糠疹落屑が認められます。これらは、多発的に出現し、学童期の顔面に発症します。基本的に男児に多いという報告もあり、多くの場合痒みはあまり伴いません。皮膚の乾燥傾向と関連があるとされ、いわゆるハタケといわれる疾患です。

症状

単純性顔面粃糠疹の症状は、境界がはっきりしない不完全な脱色斑が現れ、親指大の大きさのものが多発的に出現し、学童期の顔面に発症します。基本的には、男児に多いという報告があり、多くの場合は痒みはあまり伴いません。口や頬周りなどの顔面に出現し、およそ数センチの直径大を形成します。

軽症としては、円形から楕円形であり、色は白から薄いピンクであることが多いです。表層にまかれた粉の様な鱗屑が認められ、角質が皮膚表層から剥がれます。若干盛り上がっている様に見えることもあり、稀に軽度な痒みを伴うこともあります。

冬場は特に、肌の乾燥が進むため症状が悪化する傾向にあり、夏場は日焼けによって患部が目立ってしまいます。

原因

単純性顔面粃糠疹の原因として考えられているのが、皮膚の乾燥傾向が関与しているといわれております。小児ではアトピー性皮膚炎などを患っている場合に多くみられ、いわゆるハタケと呼ばれている疾患です。これかの脱色素性病変であり、小児から10代にかけて多くみられる疾患です。

しかし、治療法としては、見た目が気にならなければ基本的には放置による経過観察のみとなります。この疾患は、早ければ数カ月に長くても数年で自然消滅し、症状が見られなくなります。

ただし、鱗屑を除去するために、無理に強く洗顔をするなどしていた場合、逆に症状が悪化する例も報告されています。その場合は、洗顔後に保湿剤などを塗っておくことが望ましいとされています。

治療法

単純性顔面粃糠疹の予防としては、肌の水分量に気を使い、乾燥状態にしておかない事が予防の一つです。特に、乾燥する冬場などはより一層の注意が必要です。また、洗顔する際なども強く洗うのではなく、やさしく洗うことが大切で、洗顔後に保湿剤などのクリームを塗ることが乾燥を防ぎます。
基本的には、治療はせずに経過観察する疾患ですが、アトピー性皮膚炎や異常性白斑、白癬菌感染症との区別が必要なため、自己判断をせずに皮膚科での専門医による診察を受けてください。自己判断は、とても危険ですので避けるべきです。痒みなどがある場合はすぐに病院へ御受診下さい。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください