がん前駆症/ボーエン病/日光角化症/老人性角化腫/白板症がんぜんくしょう/ぼーえんびょう/にっこうかくかしょう/ろうじんせいかくかしゅ/はくばんしょう

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

がん前駆症/ボーエン病/日光角化症/老人性角化腫/白板症とは

がん前駆症/ボーエン病/日光角化症/老人性角化腫白板症は将来的にがんになってしまうことが予測される時に使われる言葉で、皮膚の表面に近い所やおおきな火傷のあとなどはそのような状態になりやすいです。大きなやけどや日光の強い紫外線などが原因になって起こることが多いです。

がん前駆症/ボーエン病/日光角化症/老人性角化腫/白板症の症状

がん前駆症/ボーエン病/日光角化症/老人性角化腫白板症は日光の紫外線や大きなやけどの後に起こりやすいもので、黒い斑点が次第に大きくなっていくような症状や皮膚の上に膨らみが出てくるような場合にはこの症状が疑われます。特に皮膚表面のがんは肺や胃にも転移してしまうので、がんの進行を早めてしまいます。内臓系の悪性腫瘍が発生しやすくなるので身体的な症状が早い内から出ることもあります。

イボ状のものやほくろのように見えるものでもこうした病気の可能性があるので大人になってから発生したものには特に注意が必要です。がん前駆症/ボーエン病/日光角化症/老人性角化腫白板症は大きなやけどなど皮膚の再生が多く行われるような場所でも起こりやすいので、そういった怪我があった場合にも注意する必要があります。

がん前駆症/ボーエン病/日光角化症/老人性角化腫/白板症の原因

がん前駆症/ボーエン病/日光角化症/老人性角化腫白板症の主な原因はやけどや日光の強い紫外線で、皮膚の表面から発生するがん細胞が多いです。皮膚の表面で見えるうちに処置を施すことで悪化を防ぐことができ、それ以上のがん細胞の侵食を防ぐことができます。皮膚だけではなく、粘膜中に同じような白いただれの症状が出ることもあるので、口の中や粘膜があるところには注意が必要です。
日光の浴び過ぎや紫外線が強い場所では特に注意が必要です。また細胞の新生が多い場所でもがん細胞が発生しやすく、やけどなども原因になってしまいます。できる限りやけどの後などには紫外線を当てないようにする工夫が必要で、細胞の癌化をしっかりと防ぐ必要があります。

がん前駆症/ボーエン病/日光角化症/老人性角化腫/白板症の治療法

がん前駆症/ボーエン病/日光角化症/老人性角化腫白板症を予防するには、紫外線にできるかぎり当たらないようにすることと、火傷の痕など皮膚の弱い部分に強い紫外線を当てないようにすることが大切です。
紫外線を浴びてもしっかりと代謝できるようにすることも大切で、健康面をしっかりと気遣った生活も重要です。カンジダ症と間違えてしまうような場合もあるので、異常があれば早めに医師に診断してもらい、治療中にも注意が必要です。皮膚の異常と粘膜系の異常は原因が多数あり、判断が難しいこともあるので検査に時間が掛かることもあります。早めに皮膚科受診と早期の処置がなによりも大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください