尋常性白斑じんじょうせいはくはん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

尋常性白斑とは

尋常性白斑は、皮膚の色素がぬけ白い斑点ができる後天性の皮膚病です。白斑になった部分には皮膚の色を構成するメラニン色素がありません。外から見える顔や手足にできることも多く、外見上の悩みの多い皮膚病です。

尋常性白斑の症状

症状は境目のはっきりとした白い斑点が身体にできます。斑点の大きさはさまざまであり、いくつかの斑点が集まって大きな面になることもあります。白斑は身体のどこにでもでき、白斑の周りの皮膚は普通の皮膚の色よりも濃くなるため、白斑が目立ちます。
  
尋常性白斑には、神経の通り道に沿って片側に白斑ができる「分節型」、神経とは関係なく白斑ができ白斑が拡大する「非分節型」の大きく2種類に分類されます。なお、生まれつきある白い斑点の場合(脱色素母斑など)や、ケガやいろいろな皮膚病が治った痕に白い斑点ができた場合は尋常性白斑ではありません。

尋常性白斑の原因

尋常性白斑の原因はまだはっきりと解明されていませんが、「非分節型」の場合は、日焼けやケガなどの皮膚への刺激、ストレスなどがきっかけとなって、メラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)を攻撃する自己免疫疾患とされています。
  
「分節型」の場合は、皮膚への刺激やストレスを受けた直後に発症し、末梢神経から分泌される神経伝達物質がメラノサイトを攻撃すると考えられています。また、酸化ストレスや遺伝的要因の可能性も指摘されています。
  
尋常性白斑の合併症として、自己免疫性甲状腺機能異常、シェーングレン症候群、膠原病、慢性C型肝炎、糖尿病などがあります。

尋常性白斑の治療法

尋常性白斑は効果的な予防方法はなく、早期発見・早期治療に重点が置かれます。白斑治療は、ステロイド系抗炎症外用薬や紫外線照射療法、あるいは両者の併用がメインです。
  
ステロイド軟膏を毎日塗ったり、週に1から3回紫外線照射を行ったりします。紫外線照射療法には、PUVA療法やナローバンドUVB照射療法、エキシマレーザー照射療法などがあり、医師の判断に応じて受けることになります。また、最終的な手段として皮膚移植という選択肢もあります。

日焼けは白班を目立ちやすくするため、日中の外出中は日焼け止めの使用を推奨する場合もあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください