紅斑こうはん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

紅斑とは

紅斑とは、毛細血管の拡張などを原因とし、皮膚表面が発赤する状態のことを指します。紅斑は、圧迫すると消える特徴があります。似たような症状に紫斑や色素沈着がありますが、判別する際には圧迫を行います。

皮膚に熱をもつことはないですが、動脈の拡張などの合併があれば皮膚の温度は上がります。

紅斑の原因

紅斑の原因については、約30〜50%が不明です。原因としてあげられるものは、感染症やニキビ、アレルギー、マッサージ、電気的処理、日焼け、運動、皮膚の放射線症候群、毛の引き抜きやワックス処理などがあります。これらによって、毛細血管が拡張を起こし、結果、発赤を起こします。中でも紅斑電離放射線療法の副作用は有名です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください