多形滲出性紅斑たけいしんしゅつせいこうはん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

多形滲出性紅斑とは

多形滲出性紅斑とは、丸く膨らんだ紅色の皮疹が四肢に左右対称に現れる皮膚の病気です。原因はさまざまで、ウイルスや細菌、薬剤などに対する免疫反応として起こることがあります。主にステロイド薬を使って治していきます。

多形滲出性紅斑の症状

赤い部分が皮膚から突出し、中央が少しへこんだ楕円形の紅斑が不規則に出ます。多くは手足に発症します。多形滲出性紅斑は発症しても、痛みやかゆみがない場合もあります。

症状が重くなってくると、紅斑のある部分に痛みを感じるようになります。重篤になると体中の複数の臓器に同時に発症します。口内の粘膜、外陰部、眼粘膜の炎症、発熱、水疱、びらん(皮膚の一部がはがれたようになってしまうこと)を起こすことがあります。

びらんにまで発展する場合は、命に関わる状態であり、重症度によってスティーブンス・ジョンソン症候群や中毒性表皮壊死症と診断されます。

多形滲出性紅斑の原因

多形滲出性紅斑の原因は、複数考えられています。

主な原因は、病原体に対する免疫過剰反応です。ウイルスや細菌、真菌などに感染することで体内の免疫活動が活発になり、健康な細胞まで攻撃してしまうことで炎症を起こします。主にマイコプラズマ、単純ヘルペスウイルス、C型肝炎ウイルスなどが原因として挙げられます。

その他にも、膠原病や使用した薬などが原因で発症することもあります。

多形滲出性紅斑の治療

多形滲出性紅斑の治療は、主にステロイド薬の塗布や抗ヒスタミン薬の服用です。

多形滲出性紅斑の予防

多形滲出性紅斑は、原因が複数想定されていますが、原因が特定できないこともあります。そのため、必ず予防できる策は今のところありません。

感染症にかかることが主な原因として考えられているため、普段から栄養状況や衛生環境の保全を心がけて、こまめな手洗い・うがいなどを習慣づけることが身近な対策と言えるでしょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください