レイノー現象れいのーげんしょう

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

レイノー現象とは

レイノー現象とは冷たい水を使った時や寒さなどの寒冷刺激を感じた時に手足の指先の血行が急激に悪くなり、指先の色が蒼白になる症状です。やがて血行が回復する過程で一時的に充血して赤くなることが多いです。チェーンソーなどによる振動病・膠原病・動脈疾患などの症状として出ることもあります。

レイノー現象の症状

レイノー現象では、冷たい水に触れた時や秋から冬、もしくは春先などの寒冷期に手足の指先の血管が発作的にけいれんを起こし血液が流れにくくなってしまうのです。すると指先が蒼白色になり冷たくしびれたような感覚になります。その後うっ血状態からチアノーゼの状態になり指先は青または青紫色に変化、さらに血管が拡張し血流が戻るために赤く変化します。その際痛みやかゆみ、チクチクした感覚などを伴います。
  
レイノー現象は刺激がなくなれば数十分でもとに戻ります。若い女性での発症例が多く、左右対称に起こることも特徴です。重症例では腕や足に網目状の血管が浮かんだり、悪化して指先に潰瘍や壊死が起こることもあります。

レイノー現象の原因

レイノー現象の直接的な原因は寒冷刺激や精神的な緊張を受けた際に手足の血管に起こるけいれん発作ですが、なぜそうした発作が起こるのかという点では原因不明のものと原因となる基礎疾患がある場合とがあります。
  
原因不明の場合はレイノー病、基礎疾患がある場合はレイノー症候群と呼ばれています。原因となる基礎疾患の中では膠原病が多く報告されています。他にも糖尿病や心臓病、循環器や血液の病気など多岐にわたる複数の病気で発症例が見られます。
  
また振動工具を使って作業をする人や頭痛薬を常用している人に発症することもあります。

レイノー現象の治療法

レイノー現象を予防するためには寒冷刺激をできるだけ避けることが基本となります。冷たい水を使わない事や、寒い季節は手袋をしたりカイロを使用するなどして保温します。また精神的な緊張が原因になる場合もあるので疲労やストレスにも気をつけると良いです。
  
原因となる基礎疾患がある場合はその治療を行い、原因不明の場合は血管を拡張させるための投薬や膠原病の治療あるいは外用薬などを長期的に行う場合もあります。症状を繰り返し、指先の傷が治りにくいなど重症化している場合は外科手術を行うこともあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください