ひょうそ/ひょう疽ひょうそ

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ひょうそ/ひょう疽とは

ひょうそとは、爪囲炎とも呼ばれ、手や足の指や爪の周りが感染を起こし、痛みなどを生じさせる病気です。手荒れを頻繁に起こす人や、爪の周囲に傷を持つ人物に、より発症リスクが高いと考えられています。

ひょうそ/ひょう疽の症状

ひょうその主だった症状は、痛みです。爪の周りに赤い腫れをともない、患部から末端にかけて、ずきずきとした激しい痛みを起こします。
  
初期段階の段階から激しい痛みを生じます。深いところに膿だまりを作るので指の腹のほうがパンパンに腫れ浮腫むのが特徴です。
  
炎症の程度にもよりますが、症状がより重篤になったケースにおいては、痛みがより顕著になり、患部から膿を生じさせたり、関節等に影響を与えたり、指を曲げることが困難になってしまうなどの症状が現れます。

ひょうそ/ひょう疽の原因

原因は指の腹に刺さった小さなトゲや小さい木のトゲ、小さな怪我から細菌が侵入することですがどこから菌が入ったのかはっきりしないこともしばしばです。傷から侵入した菌(主にブドウ球菌)が指先に蜂か織炎を起こします。

ひょうそ/ひょう疽の治療法

ひょうその蜂窩織炎は狭いところで繁殖して炎症を起こし中の圧力が高まるので血流が悪化し壊死することもあります。それを防ぐために切開をして排膿します。
十分な抗生剤の投与も行われます。
  
傷口に菌が感染することでひょうそ/ひょう疽に罹患するため、傷を生じさせない・傷口に菌を侵入させないという工夫が大切です。万が一、罹患が疑われる症状が出てしまった場合には、悪化すると腱鞘炎や関節炎、骨髄炎を起こすのでなるべく早く手の専門医に診ていただくことが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください