癜風でんぷう

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

癜風とは

癜風は、マラセチア属の癜風菌と呼ばれる酵母様真菌の異常増殖により、身体の各部に茶色や白色に変色した部分が表れる病気です。主に比較的若年層の男性に多く発生し、汗や皮脂によって菌が繁殖しやすいため、汗をこまめにふくなど、肌を清潔に保つことが予防になります。治療には抗真菌薬の塗り薬などが用いられます。

癜風の症状

癜風の症状は、主に背中や胸、首、および上腕などに、褐色や白っぽい色に変色した部分が表れ、表面はかさつき、鱗屑というフケのような皮膚からはがれかけている細かい角質が付着しています。こすると角質が容易に取れ、そこに癜風菌が潜んでいます。春から夏にかけて発症したり悪化しやすく、20~40代と比較的若年層の男性に多く見られるのが特徴です。
  
大きさは数ミリの小さなものから、それら小さなものがくっつき合って、数10センチにもなる大きな症状におよぶこともあります。かゆみなどの自覚症状はほとんど無いため気付かないケースも多いですが、汗をかく時期に状態が顕著化して気付き、皮膚科を受診して初めて診断されることも少なくないようです。

癜風の原因

癜風は、皮膚の常在菌である癜風菌という細菌が原因であるとされています。常在菌は病原菌としては人体への影響力は弱いため、通常は成人男性ではほぼ全ての人が持っています。
  
しかし汗や脂肪によって繁殖しやすいため、汗をかきやすい体質や肥満などで皮脂が増えることによって繁殖が活発になり発症するケースが多く、熱帯、亜熱帯地方に発症が多いのもそのためです。また、頭部や顔面に発症する場合では、脂漏性皮膚炎との関連があると言われています。
  
癜風菌自体は非常に弱い菌であるため、繁殖しても通常は身体の抵抗力によって発症は抑えられるものですが、高温多湿の環境や、栄養不良、糖尿病などの疾患によって免疫力が低下した状態になると、菌の活動が優位になり発症に繋がりやすいと考えられています。

癜風の治療法

癜風の予防には、まず肌の状態を清潔に保つことが最も重要です。身体の脂によって菌が繁殖しやすいため、とくに皮脂の多い人の場合は毎日の入浴でしっかり皮脂を落とし、また汗をかいた時はそのままにせず小まめに清潔なタオルで拭くなど、皮脂が付着している状態をできるだけ回避します。そして乾燥状態を保ち菌の繁殖を抑止することが大切です。
  
また、治療において抗真菌剤の外用薬を使用しますが、治療が終わり症状が治まっても以後のスキンケアが十分でないと再発の可能性が高い病気です。治りかけたからと安心してケアを杜撰にせず、しっかりとした皮脂対策への徹底を継続することが必要になります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください