脂腺母斑しせんぼはん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

脂腺母斑とは

脂腺母斑とは、生まれつきまたは小さいころからみられる黄色っぽいあざの一種です。思春期に脂腺が発達すると隆起し、褐色になってきます。自然には消退せず、大人になってから続発性の腫瘤を形成することがあり、良性ではない場合もあるので注意を要します。

脂腺母斑の症状

脂腺母斑の症状は年齢によって変化し、症状から
1.新生児から幼児
2.思春期以降
3.成人?30代以降
の3期に分類することができます。1では表面にざらつきのある黄色いあざが薄い凹凸をともなって広がっているか、もしくは平ら、2では、成長とともに皮膚が引き伸ばされることによってあざの範囲が広がりつつ、細い粒やイボのように盛り上がりが起こり、色も濃くなって褐色に近くなってきます。また、この時期にはかゆみや臭いを伴うこともあります。3ではまれに、あざの上に腫瘍が発生します。脂腺母斑の上にできる腫瘍の大部分は良性ですが、1割程度の確率で悪性の基底細胞がんもみられます。広範囲の脂腺母斑では「表皮母斑症候群」といって、神経や骨の発達の異常を合併することがあります。

脂腺母斑の原因

皮脂を分泌するための「脂腺」は、手のひらと足の裏以外の全身の肌に存在します。脂腺母斑はこの脂腺異常に増えてしまったために、皮膚に影響を及ぼしてしまっている症状ですが、「なぜ脂腺母斑ができるのか」ということについては医学的に解明されてはいません。脂腺は場所によって多い部分と少ない部分があり、頭皮は非常に脂腺が多い部分であることから、脂腺母斑の大半は頭皮にあらわれ、次いで顔に多くみられます。
  
思春期に入ると脂腺母斑の色が濃くなったり、顆粒状やイボ状に隆起したりする原因は、ホルモンの影響で脂腺の働きが活発化するからだといわれています。また、腫瘍の発生については「成人してからの発生が多い」ということがわかっています。

脂腺母斑の治療法

脂腺母斑の治療は、「外科手術による切除」です。脂腺母斑においてもっとも問題になるのは腫瘍の発生素地となるという点ですが、腫瘍の発生は成人以降、大部分が30代以降に発生するため、「予防目的での手術を行うか」「行うとしたらどのタイミングで行うか」といったことについては、医師によって見解、方針の違いがみられます。
  
一般的には幼少期の方が切除の傷跡が残りにくくなりますが、まだじっとしていることが難しい年齢では身体的負担の大きい全身麻酔を使用しなければならないこともあり、学童期に局所麻酔を使って行なわれることが多くなっています。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください