胃腫瘍いしゅよう

カテゴリ
胃の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

胃腫瘍とは

胃腫瘍は、胃の粘膜に生じる悪性の腫瘍や胃粘膜下腫瘍、悪性リンパ腫のことをいいます。早期がんや手術などの治療を行っても再発してしまう進行がんに大別され、深達度や他臓器への転移の有無により4つのステージに分類されています。

胃腫瘍の症状

胃腫瘍の症状は、初期には自覚症状がほとんどなく、がんの進行に伴い、さまざまな症状が現れてきます。最初は食欲が減退、食べる事ができても、すぐ嘔吐してしまう症状が、進行に伴い、徐々に思うように食事が食べられなくなるなど、変化していきます。それにより体重減少や、全身にだるさを感じるようにもなるでしょう。
  
進行すると、みぞおちあたりの痛みや、腹部に感じる違和感、吐血や胸やけ下血など多岐にわたります。症状の進行具合や個人の体調などにより症状は個人差があるでしょう。吐き気や悪心などから胃潰瘍などの合併症を伴う場合もあり、定期的な健康診断を受ける事が早期発見につながります。

胃腫瘍の原因

胃腫瘍の原因は、正常な細胞が突然変異することによって、異常ながん細胞へと変化していく事があげられます。がんが発生する仕組みにはさまざまな要因が考えられていますが、その一つとしてたばこが発がん性物質を増殖させてしまうことが関係していると言われています。
  
日々の食生活で、塩分の取りすぎや野菜不足、栄養の偏りなどもがんを抑制する力が失われ、異常ながん細胞の増殖につながっていると考えられています。その他、胃の粘膜に存在しているピロリ菌は毒素であるアンモニアを排出し、慢性胃炎から胃潰瘍や胃がんに発展するため、胃がんのリスクが高まります。

胃腫瘍の治療法

胃腫瘍は、喫煙習慣や食事の際の塩分の取りすぎなどが原因の一つとして考えられているため、胃がんを予防するためには、喫煙習慣がある方は、本数の見直しや禁煙などを行う事が重要です。
  
また、日々の食事の際には、減塩を心掛け、バランスの取れた食事を取り、適度な運動や規則正しい生活を心掛ける事が予防の一つにつながると考えられています。胃がんは初期症状がほとんどないことから、定期的に健康診断を受け、早期に発見することで、胃がんの進行を抑制することが可能です。

治療に関しては、胃がんの進行の程度によって、手術療法、放射線療法、化学療法(抗がん剤治療)、またはそれらを組み合わせながら進めていきます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「ピロリ菌の感染度」チェック

胃がんリスクを高めるピロリ菌…感染度をチェック

胃の中に棲みつき、悪影響を及ぼす「ピロリ菌」。胃十二指腸潰瘍の原因となるだけでなく、胃がんの原因となることがわかってきました。感染経路ははっきりしていませんが、症状からある程度はピロリ菌に感染しているかどうかがわかります。

そこで、ピロリ菌の感染度をチェックできるコンテンツを用意しました。ピロリ菌感染が疑われる場合は、病院を受診して検査を受けるようにしてくださいね。

1 /15

今までに胃潰瘍や十二指腸潰瘍になったことがありますか?

健康チェック画像

「ピロリ菌の感染度」チェック

胃がんリスクを高めるピロリ菌…感染度をチェック
健康チェックする