胃幽門狭窄症いゆうもんきょうさくしょう

カテゴリ
胃の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

胃幽門狭窄症とは

胃は、食道から降りてきた食べ物のかたまりを胃液で消化して、十二指腸に送りこむ役割を果たしています。十二指腸と胃の間にある部分を幽門と言い、胃の出口となっていて、筋肉が必要に応じて伸び縮みしています。生まれつき筋肉の伸び縮みがうまく機能せず、閉じる方向に強く働き、胃の出口が狭くなった状態を胃幽門狭窄症と言います。

胃幽門狭窄症の症状

胃幽門狭窄症は胃の出口が狭くなっているため、胃にいつまでも消化された食べ物が残り、頻繁なしゃっくり、げっぷ、胃もたれや胃の痛みと行った不快な症状を引き起こします。胃に溜まった食べ物が多くなりすぎると、食道や口の方向に逆流して、大量に嘔吐することもあります。機能が未発達で、臓器も小さい乳幼児の場合には、飲んだミルクを勢いよく口から噴き出すこともあります。

大腸などの他の臓器にがんや炎症があって、その影響で胃の出口が狭くなっている場合には、下腹の痛みなどが出て、胃の病気に気づきにくいこともあります。別の場所が痛む場合でも、周りの臓器に影響が波及することもあるため、胃や大腸などの消化器の包括的な検査が必要となります。

胃幽門狭窄症の原因

胃幽門狭窄症の原因は3つに分類されます。胃という臓器自体に病気がある場合、胃の周りにある臓器から圧迫を受ける場合、胃が動く機能に異常がある場合です。

胃の病気とは、胃潰瘍とがんがあります。胃の内部や表面に病気があり、胃の出口を狭めてしまうのが、このケースになります。胃の周りにある臓器から圧迫を受けているケースは、背後にすい臓や大腸の大きながんがあることを示唆しています。

このケースは胃をいくら調べても原因がはっきりしないので、CTで断面的に体内をみることになります。胃が動く機能に異常がある場合には、過度な飲酒、薬の副作用などが考えられるため、普段の生活に注意が必要となります。医師は問診と検査によって、原因がどの分類か導き出します。

胃幽門狭窄症の治療法

胃幽門狭窄症の予防は、胃を荒らす原因となる生活習慣を改めることや、胃の検診をこまめに受けることです。胃を動かす神経を支配しているのは自律神経で、この自律神経を整えるためにも、不眠やストレスを避けることも胃の健康にとっては必要不可欠です。

胃の状態を確認するためには、胃カメラで観察する方法が確実です。吐き気を催して胃カメラ検査を避けている方のために、最近では鼻から鉛筆ほどの細さのファイバーを入れて検査ができるようになっています。バリウム検査でも、胃の出口からバリウムの通り具合をみることができるため、検査を受けること自体が大変重要ですが、胃カメラの方が精度が高いです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください