胃内異物いないいぶつ

カテゴリ
胃の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

胃内異物とは

胃内異物とは、ある異物を飲み込んでしまいそのまま胃内に異物が停留している状態です。子供だけでなく、大人でも異物を飲み込んでしまうことがあり大人は子供と違い何を飲み込んだのかを判断できますが、子供はその判断ができないため何を飲み込んだのかを判断することは難しい場合があります。通常は胃の中に異物が滞留することはありませんが、胃の出口を通過できないほど大きなものは胃の中に滞留することがあります。

胃内異物の症状

胃内異物の症状は表立って変化には出にくいです。胃内に異物があるだけなのですぐに気づくことは難しい場合があります。ですが胃内を通り抜けて小腸や大腸を抜ける際に穴を開ける場合があります。その時に腹痛や、吐き気、下痢その他にも色々な症状がでてきたりする場合があります。

また胃内にずっと留まっておくことで、嘔吐、腹部違和感などになりやすくなる場合があります。他にも色々な症状が出てくる場合もあり、危険な場合があります。

なので、早めに気づくことが大切になってきます。異物が大きければ大きいほど危険になりやすいので、そういったものを誤って飲み込まないようにするべきです。気づくことが遅くなってしまい、たいへんなことになりかねない場合もあります。

胃内異物の原因

胃内異物の原因としては、おもちゃなどが家庭に多くあるということです。子供が遊んでいて誤って飲み込んでしまうというケースや、大人が見ていないすきにおもちゃなどを飲み込んでしまうケースがあります。

大人よりも子供にも多くそういったことがあり、大人が気づくのは難しい場合があります。また小さい子供だと何を飲み込んだのかを話すことができずに、そのまま大人が気づかないというケースもあります。

そのため、体調不良を訴えるまで全くわからないということもあります。子供は自分で判断ができない場合が多いので、大人がそばできちんと見ておくことが大切です。また飲み込んでしまいそうなものは、そばに置いておかないようにするなどの配慮をしていかなければならない場合があります。

胃内異物の治療法

胃内異物の予防としては、まず子供のことをよく見ておくことが大切です。ちょっとしたすきに子供は何をするかわからないので、誤って何を飲み込んでしまうのかもわからないです。

なので、よく周りを見て、忙しい場合は誰かに面倒を見てもらうなどの措置が必要になっています。また、誤って飲み込んでしまった場合は早めの治療が必要になる場合があります。

他にも子供の手の届く範囲に危険物や小さいものを置かないなどの予防策が必要になります。他にもタバコなども誤って飲み込んでしまうケースもあるので、そういったものの始末もきちんとしておく必要があります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください