血胸けっきょう

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

血胸とは

血胸とは、胸腔内に血液が貯留した状態のことをいいます。心・大血管損傷、肺損傷、内胸動静脈損傷、肋間動静脈損傷などに伴って起こります。緊張性気胸などの危険な疾患を引き起こす恐れがあるため、注意が必要な疾患です。

血胸の症状

血胸では、胸郭の血管に損傷があるため、胸痛が生じます。また出血が多いと、血液に押されて肺が収縮するため呼吸が苦しくなります。
胸郭の血管だけでなく肺にも損傷があると、胸腔内に血液に加え空気も溜まった状態となり、血気胸と呼ばれます。
その他の症状としては、チアノーゼ、顔面蒼白、頻脈、四肢冷汗、冷感などが起こることがあります。
  
また、肺に損傷があると皮下組織に空気が漏れて皮下気腫を引き起こすこともあります。肺から空気がもれて胸腔内に溜まり肺が収縮し、心臓や他の臓器を圧迫する緊張性気胸を引き起こすこともあり非常に危険です。短時間でショックから心肺停止に至ることもあるため、速やかに医療機関へ搬送しなければなりません。

血胸の原因

血胸の原因は、胸部への何らかの外傷がほとんどです。交通事故や高所からの墜落などによる肋骨の骨折で血管が損傷したり肺が破れてしまったりすることで、損傷部位から胸腔内に出血し血液が貯留します。
  
胸壁や肺の損傷以外では、血液が固まりにくい状態の時にも稀に発症することがあります。
  
いずれの場合も出血が大量であれば速やかに胸腔内に貯留した血液を排除し、輸血などの循環管理が必要となります。
特に重症の場合は開胸手術をして出血を制御することもあります。

血胸の治療法

血胸は事故や怪我などにより発症するケースが多いため予防をするのは困難だと思われます。
  
血胸の応急処置はありませんが、出血性ショックの症状が現れた場合は、負傷者を仰向けにして足を高くすると効果的です。また、体温が下がらないように毛布やタオルなどで温めることも大切です。重症では適切な治療を行わなければ数分以内に心肺停止を引き起こすこともあるため、早急に対処が必要となります。

血胸が軽度で出血が止まっている場合には経過観察となりますが、大量に血液が貯留している場合はドレーンを挿入し貯まった血液を排出することがあります。また、出血が止まっていない場合には血管内治療や手術による止血術が行われます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください