足関節脱臼骨折そくかんせつだっきゅうこっせつ

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

足関節脱臼骨折とは

足関節脱臼骨折とは、高いところからの転落や転倒などにより、足関節に強い力が加わり周囲の靭帯を損傷、骨折などの状態のことを言います。足の関節部に強い痛みや皮下出血、腫れや変形などの症状が見られます。歩くことは困難となり、早急な治療が大切です。

足関節脱臼骨折の症状

足関節脱臼骨折の症状として挙げられるのは、足関節の強い痛みや腫れがあります。他にも皮下出血や、足関節が外反変形や内反変形になる場合もあります。

足関節脱臼骨折を起こすと、患部が腫れ、動かそうとすると強い痛みを感ため歩行困難となります。さらに、皮下出血を起こし熱を持つ症状も考えられます。そのまま放置していると、腫れた部分の皮膚が変化し、水泡ができます。やがてその水泡が弾けて、膿に似た黄色い液がにじみ出てくることもあります。

重度の骨折の場合は、折れた骨の破片が皮膚を突き破って表面に現れるケースもあります。さらには、腫れにより周囲の皮膚が壊死してしまう最悪の症状に進むので、注意が必要です。

足関節脱臼骨折の原因

足関節脱臼骨折の原因は、高所からの転落や転倒などが挙げられます。激しいスポーツや交通事故などにより、足関節に非常に強い外的な力が加わり、脱臼骨折を引き起こしてしまうのです。

足に加わった衝撃の種類により、内側にひねる内返しや、外側にひねってしまう外返しがあります。足関節脱臼骨折は、脱臼と骨折を同時に起こした状態になるので、歩行困難になってしまいます。

特長として知られているのは、足を骨折して、関節が外れてしまう状態になることです。日常生活でも、階段を踏み外すことや、ささいな段差でつまずくと足関節脱臼骨折になる場合もあります。

足関節脱臼骨折の治療法

足関節脱臼骨折を予防するには、高所からの転落や思わぬ転倒をしないことが大切です。階段を下りる際には、手すりを使うなどを心がけると、骨折の危険を回避することができます。足関節脱臼骨折をそのまま放置してしまうと、変形性足関節症になることもあるので、注意が必要です。

そのまま放置してしまうと、脱臼や骨折している部位がそのまま固まってしまうため、変形してしまった足の関節を、しっかりと固定してずれを修正しなければなりません。足関節脱臼骨折が疑われる場合には、すぐに専門の整形外科を受診することが大切です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください