視神経管骨折ししんけいかんこっせつ

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

視神経管骨折とは

視神経管骨折とは、外部からの何らかの衝撃により、視神経の周りにある骨が神経を切断したり、或いは眉毛の外側の部分を強く強打した時に起こる骨折です。交通事故やスポーツ事故などによるケースが多いです。衝撃がひどい場合には、強い視力障害や失明に至る場合もあるので、事故に遭った際には早急に病院を受診することが大切です。

視神経管骨折の症状

視神経管骨折の症状は、視神経が損傷を受けることにより視力低下や視野が狭くなるなどの異常が表れます。視力低下の度合いは、衝撃の強さや視神経の損傷具合の程度によって異なります。視野の異常も、視神経の損傷した場所によって状態が変わってきます。
負った傷の程度によっては、大量の出血が見られたり痛みや腫れなどが生じます。また重度の場合は意識障害やショック状態に陥る場合もあります。
視神経の周りの骨が神経を切断した場合には、早急に手術をしても視力が良好になる可能性は低く、失明をきたす可能性も高くなります。
数週間放置したままでいると、視神経は枯れて血色がなくなり白く変化してしまい、視神経委縮という状態に陥ります。

視神経管骨折の原因

視神経管骨折は、頭蓋骨の前底部の骨折に伴って視神経を骨折することにより起こります。また何らかの衝撃や圧迫により、視神経の血管が締め付けられて血流障害が起こることも原因となります。
視神経管骨折が起こりやすい状況としては、交通事故やスポーツ中の事故や怪我、階段や高所からの転落などが挙げられます。交通事故の際に、フロントガラスに顔を殴打して、ガラスが割れて眼に突き刺さり視神経を損傷するというケースも見られるので、注意が必要です。
そのほかの原因としては、喧嘩による殴り合いや子供の虐待、墜落事故などがあります。

視神経管骨折の治療法

視神経管骨折の予防対策としては、日頃の行動に注意を払い、交通事故や高い所からの転落などに気を付けることが大切です。
自動車やバイク、自転車の運転をする際には、交通ルールを守り、薬を服用している際には運転を控えることも大事です。フロントガラスでの視神経切断が多いので、シートベルトは必ず着用することが大切です。
またスポーツをする際にも、顔面にボールが飛んでくるなどの突然の出来事も有り得るので、無理なことはせずにマナーを守って周囲に気を配りながら行いましょう。防具や装備はきちんとして、自らを守りましょう。
外傷を受けた場合には、早急に医療機関を受診し、手術が必要と診断された場合には早急な処置を受ける必要があります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください