肝臓損傷かんぞうそんしょう

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

肝臓損傷とは

肝臓損傷とは、肝臓が外傷による損傷を受けることによるものです。肝臓は、人間にとって重要な臓器であり、また一番大きなサイズをもっています。そのため、腹部に外傷を負った場合には、肝臓が損傷してしまうケースが多々あります。肝臓の損傷による出血が、重大な病状を引き起こします。

肝臓損傷の症状

肝臓損傷によりもたらされる症状としては、出血性のショックにより、呼吸が早くなったり、手足が冷たくなる、さらにはチアノーゼのような症状が現れます。またさらに、腹膜を押すと傷みが強くなったり、腹壁が緊張して固くなるといった腹膜刺激の病状が生じるようになります。
肝臓には多くの血液が流れているため、外傷などによって損傷した場合には出血性のショックに陥る可能性が高いです。たとえ少量であったとしても長時間続くと、遅れてショック症状が生じる可能性があります。そのため、もし肝臓に小さくとも何らかの損傷であると認められた場合には、体に現れる病状が軽い場合であったとして、その後の経過について詳しく観察することが必要です。

肝臓損傷の原因

肝臓損傷が生じる原因としては、事故などが起こり腹部を損傷した場合に、肝臓についても被害を受けることにより起こることが多いです。腹部に直接強い圧迫が加えられたり、あるいは肋骨の骨折によって直接的に肝臓を傷つけてしまう恐れがあります。

肝臓へは、門脈と肝臓動脈を通して大量の血液が流れ込んでいます。さらに肝臓静脈を通して血液が肝臓から出されています。肝臓や肝臓につながる大きな欠陥に傷がつくと、そこから大量に出血する恐れがあります。そのため、肝臓損傷では、比較的出血性ショックが起こりやすい傾向が強いです。また、肝臓は容積が大きい反面、皮膜の比率が小さいということもまた、損傷を受けやすい原因としてあります。

肝臓損傷の治療法

肝臓損傷に対する予防としては、できるだけ腹部に強い圧迫や損傷を受けないように気配りすることが必要です。しかし交通事故や転落事故などの原因によって、腹部に強い衝撃や損傷を受けることもあります。そのような事態に陥り、輸液の投与でも止血に改善が見られない場合には、外科的な措置によって肝臓からの出血を止めるための施術を行う必要があります。
肝臓の損傷の程度によっては、患者に低体温や凝固異常などの問題が生じます。このことから、体の状態に合わせた施術を選択して、まずは体の状態を安定させるための改善策を図る必要があります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください