偶発性低体温ぐうはつせいていたいおん

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

偶発性低体温とは

偶発性低体温は、寒冷の環境において発症する低体温のことです。人間は、平均的な体温が数値化されて決まっており、その平均値として一般化されている体温よりも下の体温を示すと低体温と定義されます。そのため、寒冷状態になり人間の体温の平均値である数値を下回ると、偶発性低体温として生存を危惧しなくてはいけません。

偶発性低体温の症状

偶発性低体温の症状は、意識障害や身体機能の低下です。低体温になると、人間は機能不全を起こします。人間の身体は多くの細胞によって構成されているため、その細胞を活性化させるために一定以上の温度が必要になります。

人間の身体で最も活動する重要な機能の中でも免疫機能が存在しますが、免疫機能は低体温になると活動を鈍らせてしまうため、身体に対する外敵への防御力が著しく下降してしまう傾向にあります。

また低体温には段階があり、大きく分けて軽度低体温、中等度低体温、高度低体温に分類され、高度になればなるほど人間の身体の活動を低下させる症状を発現させます。

低体温は高度になると生命の危機にも直面する病気で、発症したときには即座に身体を暖める処置を取る必要があります。

偶発性低体温の原因

偶発性低体温の原因は、寒冷地域に行くことによって身体が冷やされることです。身体が冷やされると、末梢神経を収縮させて身体の震えによって熱を発散させようとする保護機能が働くため、この機能がなくなるとかなり危険な領域に入っていることがわかります。

低体温は、成人に対する発症度合いが最も低く、幼児や高齢者に対しては免疫機能の関係から低体温に陥りやすい傾向にあります。また、寒冷地域に赴いた際に低体温になる割合に関しては、その人間が持っている元々の身体状況にもかなり依存する傾向があります。

寒冷地域に行く前に、アルコールや睡眠薬を摂取しているときは、その人に対する低体温の度合いは非常に進みやすくなるため、低体温に関する対策が必要です。

偶発性低体温の治療法

偶発性低体温の予防は、寒冷地域に関する対策をしておくことです。低体温は身体の冷えが無ければ発症することはありません。

また、低体温の兆候としてわかりやすい身体機能の低下が始まる身体の合図は、身体の震えです。寒冷地域に入った際に身体の震えが起こったときには、無理をせずに暖かい格好をしてその場から離れることが賢明です。

また、実際に偶発性低体温を発症してしまったときには、直接的に一気に身体を暖めるのではなく、部屋を加湿状態にし、毛布を患者に被せてから呼吸や呼吸の循環に問題がないことをきちんと確認する必要があります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください