眼瞼裂傷がんけんれっしょう

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

眼瞼裂傷とは

眼瞼裂傷は眼球ではなく、まぶたが避けてしまう怪我のことです。外傷として大きくけがをすることが多く、眼球への怪我の影響も一緒に診察されることが多いです。交通事故などで大きな眼瞼裂傷を起こした場合にはまぶたを通り越して深部の眼球にも傷があることも多いです。小さい裂傷でも数針縫うことになるので油断できない怪我です。

眼瞼裂傷の症状

眼瞼裂傷の主な症状は目に見えるもので、外傷として認識されます。浅い怪我でも眼科にて眼球に異常がないか調べる必要があります。時には涙腺などが傷ついていることもあり、芽の正常な機能の働きに悪影響をおよぼすこともあるので裂傷が大きい場合や深い場合にも注意が必要です。

見た目には以上がなくてもぶつけたりした衝撃で内部に異常が出ていることもあるので医師の診断を受けて安全な治療をすることが大切です。初期の症状としては大きな傷だけですが、治療過程や感染症が併発するとかゆみや異物感が出ることもあります。膿が出てきてしまうことや目やにが多くなることもあり、しっかりと消毒や抗生物質摂取をしながら治療する必要があります。

眼瞼裂傷の原因

眼瞼裂傷の原因のほとんどは外傷によるものです。鋭利なガラスの破片や爪で怪我をしてしまうこともあり、子供同士の喧嘩や交通事故など、その原因はさまざまなものがあります。自然に裂傷が起こることはなく、事故が原因になることが多いです。

急な事故などでは簡単には防げず、メガネを使用している人などではメガネの割れた破片で裂傷が発生することもあります。裂傷と一緒に眼球への傷がつく事が多いのもこの症状の特徴です。

気付かないうちに眼球内部や結膜周辺にも怪我を負っていることもあるので、裂傷がある場合やめに何かが当たった場合の怪我ではできる限り医師に診断してもらったほうがよいでしょう。多少の異物ならば目の外にでてきますが、尖ったものなどは刺さって取れなくなっていることもあります。

眼瞼裂傷の治療法

眼瞼裂傷を予防するにはできるだけ普段の生活の中から目を守れるような生活をすることが大切です。化学的な実験や目に危険が迫るような仕事をするときにはゴーグルを付けるようにして、事故が起きないようにすることも大切です。悪くなったメガネや古くなったメガネも早めに交換すれば万が一割れてしまうことも減り、安全です。
裂傷をそれ以上大きくしないようにするときには、すぐにまぶたをきれいなガーゼや布で上から押さえて眼科に行くのがよいでしょう。強くは押さえず、まぶたも強く閉じすぎずに安静にしていればそれ以上怪我がひどくなることはないでしょう。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください