腹部大血管損傷ふくぶだいけっかんそんしょう

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

腹部大血管損傷とは

腹部大血管損傷とは、腹部にある血液が多く流れる血管が損傷される状態です。血液が多く流れる血管が損傷されれば、多く血液が流れ出てしまい命の聞きに陥る場合もあります。そういった場合は的確な治療や手術が必要だったり、できるだけ早くの搬送が何よりも必要となってきます。

腹部大血管損傷の症状

腹部大血管損傷は、腹部に損傷を受けて血液が多く体外に流れ出てしまえば搬送中に心肺停止になったり、事故現場で心肺停止になる危険性もあります。

また比較的緩やかな出血時には、手当や手術によって救命される確率が高くなる場合もあります。どういった状態で損傷してしまったのか、どのくらいの損傷具合なのかによって救命確率が変わってくる場合もあります。

他にも出血の状態によっても治療が変わってきたり、手術が必要になってきたりする場合もあります。その場でどういったことが必要なのかをきちんと考えて行動していくことが大切です。事故が多くなっているので、そういった症状を起こす人が多くなってきています。止血法などは一般の人でも学ぶことができます。

腹部大血管損傷の原因

腹部大血管損傷の原因としては、交通事故などが一番多くなってきています。車に乗る人が多くなっており、その分事故も増加傾向になってきています。事故の被害が多い場合腹部大血管損傷などになる人もおり、スピードを出して運転していると大きな事故にもつながることがあります。

また交通事故は全国で起こっていることでもあり、どこでもそういった危険は起きる可能性があります。交通事故以外にも腹部大血管損傷になる人もいます。人によって原因はさまざまです。出血をして助かる人もいれば、助からない人もいるのが現状です。

ですが、今では搬送時間が短くなったり、治療が早くなってきたりと医療も進化しているので助かる人は多くなってきています。

腹部大血管損傷の治療法

腹部大血管損傷の予防としては、交通事故を少なくすることです。そうすることで腹部大血管損傷を引き起こす人が少なくなります。
交通事故で死亡することが多いので、運転する側やしない人でも落ち着いて運転することが大切です。またスピードを出しすぎることにより、事故を起こす若者も多いのでスピード制限はしっかりと守っていくことが大切です。ですがそういった治療としては、止血や処置、緊急手術により、損傷した腹部の血管の修復を手術により修復させる必要があります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください