広範囲皮膚剥脱こうはんいひふはくだつ

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

広範囲皮膚剥脱とは

広範囲皮膚剥脱とは臓器、骨を残して皮膚のみが剥がれてしまう事を言います。広範囲に及んで皮膚が剥離する事によってかなりの痛みと出血を伴いますが、皮膚が下に存在する臓器や骨を守る役割をした、とも考える事が出来ます。まずこれには大量の出血を伴いますから病院の受診なしでは完治は不可能とも言えます。そして何らかの事故により広範囲皮膚剥脱になった場合には早急な処置が必要です。

広範囲皮膚剥脱の症状

広範囲皮膚剥脱の症状は、皮膚が広範囲に剥離し大量の出血がみられます。見た目には通常の皮膚が剥がれて赤い肉が丸見えになった状態で見た目にも大変痛々しいものです。
太腿や腕の皮膚が剥がれた状態では肉が剥き出しになりますが、これが頭皮の皮膚に引き起こされた場合には頭蓋骨が露出しているのが分かります。
そして皮膚の剥離部分がまだ皮膚にくっついている場合と完全に剥がれている場合とに分けられ治療法も変わってきます。
何らかの事故で広範囲皮膚剥脱を引き起こした場合には、塗れたガーゼに剥離した皮膚を包んでビニール袋に入れて氷水で冷やして病院へ持っていきます。すると剥がれた皮膚を再接着できる事が可能な場合もあるのです。

広範囲皮膚剥脱の原因

広範囲皮膚剥脱が引き起こされる原因には様々なものがあります。交通事故により足や手、身体の皮膚が剥離する場合や、毛髪が機械に巻き込まれる事により毛髪ごと頭皮が剥がれてしまったケースもあります。
そしてズボンが機械に巻き込まれてしまった場合には陰茎から陰嚢まで剥がれてしまう場合もあります。この広範囲皮膚剥脱を引き起こす原因となるのは不意に引き起こされた事故が殆どなのです。
このような事故が引き起こされた場合にはまず周囲に助けを求める事も必要ですし、周囲も直ぐに救急車の手配を行う事です。
そして工場等の機械を取り扱う仕事をしている方はこのような事故が発生しないように日頃から注意深く仕事を行ったり、事故予防に努める事です。機械にはとても大きな力が働きますし、時に人に危害を与える場合もあるのです。

広範囲皮膚剥脱の治療法

広範囲皮膚剥脱を予防するには、身近に引き起こされる可能性のある事故に注意深く警戒する必要があります。
交通事故に巻き込まれるのを防ぐ為には、信号を守り周囲の状況にも敏感になる事です。歩きながら携帯を触る行為も今問題視されていますが、そのような行為が事故を引き起こす要因となるのです。
そして特に女性の場合、職場で機械を取り扱う場合には髪の毛が巻き混まれないようにヘアスタイルにも配慮が必要です。
身近に引き起こされる可能性のある危険を回避する為に注意出来る事は沢山あり、事故を引き起こしにくい環境を自身が作り上げていく必要もあります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください