女性の方の中に、なんとなく食欲不振が続いたことがあるご経験ってありませんか?

一過性のものであれば気にしないのですが、女性はストレスやホルモンの影響を受けるので症状が続くと気になりますよね。

今回はそんな女性特有の症状について原因別に医師に詳しく解説していただきました。

特徴


女性と男性で、一般的に言って食欲不振に違いがあるわけではないと思います。

しかしながら、生理や更年期障害、妊娠による体質の変化なども含めると、女性の方がホルモン変化などから食欲に変化をきたす機会がやや多い、ということは言えるかもしれません。

原因1:ストレス


原因


大きなストレスがかかると、食べ物を食べていなくても、血糖値を高くするホルモンが盛んに分泌されることから、血糖値が下がることによる空腹感を感じにくいと考えられます。

また、ストレスの持続によって、胃腸の調子が乱れ、消化が正常に行われなくなることも原因の一つと考えられます。

症状


しばらく何も食べていなくてもお腹がすいた、食べたいという感覚が感じられなかったり、何となく胃がいつまでも重い感じがして食欲がわかなかったりすることがあります。

対処法


ストレスの軽減がまず第一になります。難しい場合もあると思いますが、しっかり休息をとり、自分に負担をかけすぎないようにしましょう。

原因2:更年期


原因


エストロゲンの減少による自律神経のバランスの乱れが原因の一つと言われています。

症状


更年期の女性に現れ、ホットフラッシュや精神面の不調、例えば気分の落ち込みやイライラなどと同時に食欲不振が現れるケースも多いようですね。

対処法


更年期障害の症状が全体的に重い場合には、ホルモン補充療法や漢方薬などによる治療が行われることがあります。

原因3:生理


原因


生理中には、子宮内膜が剥がれ落ち、生理痛や嘔気などを伴うことが原因の一つとされています。

症状


痛みや嘔気などに伴って、食欲が減退してしまうことが多くみられます。

対処法


温かくて胃腸の負担になりにくい消化の良いものを、少量こまめにとるようにするとよいでしょう。

刺激になるようなものは避けたほうが無難ですね。

原因4:生活習慣


原因


睡眠不足や食事の時間が不規則になることなどが挙げられます。

症状


何となくいつも胃腸が重い感じがしたり、食事をおいしく思えなかったりすることがあります。

対処法


食事の時間を3食、少しでも規則的にするようにしたり、十分に睡眠をとるようにすることで改善が期待できると思います。

原因5:季節の変わり目


原因


季節の変わり目にみられる、急激な気温や気圧の変化によって、自律神経のバランスが乱れ、胃腸の調子を乱したり、空腹感がなくなったりします。

症状


疲労感や肩こりなどを伴うことも多く、食欲が何となくわかない、といったことが多いようです。

対処法


軽い運動をして汗を流す、睡眠時間をしっかりとるといったことが自律神経のバランスを整えてくれることがありますね。