食欲不振しょくよくふしん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

食欲不振とは

食欲不振とは、食べ物を食べたいという気持ちが低下したり、なくなったりする状態を指します。

食欲不振の原因は、ストレスや夏バテ、過度な疲労、運動不足などの生活習慣のほかに、消化器疾患や感染症、薬の副作用などさまざまです。

食欲不振のときは、お粥やリゾット、うどん、アイスやゼリーなど、自分が食べれるものを食べましょう。栄養素の不足が気になる場合は、サプリメントを取り入れてもよいでしょう。

食欲不振で、食べ物だけではなく、飲み物も飲めなくなると、脱水や極端な体重減少を起こしてしまうため、受診しましょう。

食欲不振の症状

食欲不振は、食べ物を食べたいと思えなくなることです。また、食欲不振が続くとさまざまな症状につながります。

・栄養失調
・倦怠感
・頭痛
・めまい
・貧血
・吐き気 など

食欲不振の原因と対処法

日常生活が原因となっている場合


食欲不振はさまざまなことが原因で起きる症状です。

・ストレス
・不規則な生活
・暴飲暴食による胃腸の機能低下
・季節、気温、引っ越し、転職などの環境の変化
・妊娠によるつわり など


食欲を取り戻すには、規則正しい生活を心がけ、ストレスを解消し、胃に負担をかけないようにしましょう。

病気が原因となっている場合


病気の症状として、食欲不振が現れている可能性があります。代表的なのは胃腸の病気です。例えば、胃腸炎、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、腸閉塞などが挙げられます。

また、内分泌系の病気も食欲不振に直結します。自律神経失調症うつ病など、精神疾患も食欲不振の原因となります。対象となる診療科に受診して、治療を行いましょう。

食欲不振の予防

ストレス解消


病気ではないが続いている食欲不振には、強いストレスが関わっていることもあります。ストレスで交感神経が優位な状態が長く続くと、自律神経のバランスが取れなくなってしまいます。

そのため、以下のことに気をつけて、副交感神経をうまく働かせることが食欲不振の予防になります。

・食事の前にぬるま湯や白湯を飲む
・ぬるめのお湯でゆっくり入浴する
・自分が落ち着く音楽を聴く
・就寝時間や起床時間を規則正しくする
・軽い運動する など


また、食事にスパイスなどの香辛料を取り入れてみるのもよいでしょう。にんにくや唐辛子といった香辛料は、食欲を増す働きを持っています。

カラオケや旅行など自分が好きなことで、上手くストレスを発散させるようにしましょう。悩みがある場合は、心理カウンセリングを受けて心を整えるのもおすすめです。

※注意
ストレス発散のためにお酒を飲んで二日酔いになったり、タバコを吸うことは食欲不振につながるため控えましょう。

食欲不振の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
食欲不振に陥ったときに頼りにしているのが胃薬ではないでしょうか。確かに胃薬は食欲不振を解消するのに役立ちます。しかし、胃薬であれば、どれを服用しても効果があるというわけではないのです。

胃薬は3種類の薬が存在します。まず一つが胃を健康にする薬、二つ目が消化を促す薬、三つ目が胃酸を抑える薬です。3種類の薬はそれぞれ効果が違っています。胃を健康にする薬は食欲の増進と消化不良の改善に効果があります。消化を促す薬は消化を助けてくれる役割を果たしてくれるので、胃もたれに効果があります。胃痛や空腹によってムカムカするような場合には胃酸を抑える薬の胃酸を抑えてくれる働きが役に立つでしょう。

早く治してしまいたい場合には効果的な薬で対処してしまう方がよいと言えます。例えば食欲の不振を解消したい場合であれば食欲増進の効果が含まれている胃を健康にする薬を選んで服用するのが、上手な選び方であります。食欲不振の解消を目的としているにも関わらず、胃痛を解消してくれる胃酸を抑える薬を選択して服用しても早期の治療にはなりません。それどころか食欲の不振を解消してくれる効果がないような薬を飲んでいる分、回復は遅くなります。スッキリ治らないことで私生活に支障をきたす場合もあるので、状況にあった薬を選びましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください