食欲不振しょくよくふしん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

食欲不振とは

食欲不振とは、食欲がすっかり失われてしまった状態のことです
食べ物を摂取しなければ必要な栄養素を摂取することができません。このような状況が長く続くと、心身に悪影響をもたらすことがありますので注意しましょう。

食欲不振の原因は、ストレスや夏バテ、運動不足などの生活習慣のほかにも風邪や胃炎など身体の調子が悪いことです。過度な疲労が食欲不振の原因と考えられるならば、心身を安静にして、回復させることが大事です。

食欲不振の時の食事にはお粥やリゾットなど、食べやすく栄養を取り入れることができるものにしましょう。夏バテの食欲不振には梅干しやめかぶが効果的です。栄養素の不足が気になるならば、サプリメントの服用が有効です。

食欲不振が長く続くときは、適切な医療機関を訪れることをおすすめします。内臓に病気を患っていることも見受けられますので、内科もしくは外科で治療を受ける必要があります。

症状

食欲不振の症状は、食欲がなくなり食べ物を食べようと思えなくなることです。
食べ物を食べないようになるので、栄養失調などの病気にかかる事があるために注意が必要です。

食欲不振は急に発症する事はほとんどありません。夏バテや胃腸炎になった時に表れます。

また、食欲不振によってさまざまな症状も現れます。
・倦怠感
頭痛
めまい
貧血

吐き気も症状の一つであり、空腹から吐き気を催しますが食べ物を食べていないために、非常に辛く胃液などしか出ないために辛いです。
他にも、睡眠不足も発症する事があります。これは、体が弱っており空腹時にはアドレナリンが分泌しやすいと言う事が理由として挙げられるために、何か口にしないとそういった違う病気を誘発しかねないために、発症した時にはすぐに治療する事が必要となります。

また、ストレスが続いていたり精神的に追い詰められている場合は心身症のひとつとして食欲不振となることもあります。

原因

食欲不振はさまざまなことが要因で起きる症状ですが、その主な原因は、ストレスと不規則な生活による胃腸の機能低下があげられます。食欲を取り戻すには、規則正しい生活を心がけ、ストレスを解消し、胃に負担をかけないこと、自律神経の働きを整えることが重要です。

また、体調を崩すと身体の機能が低下したり、病気の症状として食欲不振が表れたりします。代表的なのが胃腸の病気です。例えば、胃腸炎、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎を挙げることができます。また、消化器系の病気や内分泌系の病気も食欲不振に直結します。自律神経失調症うつ病など精神疾患も食欲不振の原因となります。こうした病気にならないため、日頃からストレスとなる状況を避け、努めてリラックスすることが必要です。

季節、気温、住居などの環境の変化は直接身体に負担をかけることになるので注意が必要です。また、仕事上の不安や過度に多い仕事量も体調を壊す原因になるので気を付ける必要があります。人間の体はエネルギーを消費すると、不足しているエネルギーを補充するために食事をとり、栄養を吸収してエネルギーに変換するといったサイクルとなっています。そのため、食欲不振を解決するために、適度な運動をしてエネルギーを消費することも有効です。自分から積極的に脳に「エネルギー補給をしろ」と指令を出せるようにしましょう。

予防

食べることは人にとって生きるためのエネルギーを得るために非常に大切なことです。そのため、食欲不振にならないように、予防法を日常の中に取り入れて生活をすることが大事です。

予防



●ストレスは発散させる!
食欲不振には強いストレスが関わっています。交感神経が優位な状態が長く続き、自律神経のバランスが取れていない状態であることが食欲不振の原因の1つとなります。また、胃腸の消化吸収は副交感神経によって促進されるため、副交感神経を刺激することが大切になります。そのため、副交感神経をうまく働かせることが効果的な予防法になります。

1)食事の前にぬるま湯を飲み、体温を上げておくと、副交感神経を働かせる効果があり、胃腸の消化吸収を高める効果を生じます。
2)ぬるめのお湯で入浴する
3)落ち着く音楽を聴く
4)日々の生活のリズムである就寝時間や起床時間を規則正しくする
5)生活に軽い運動を取り入れたりする
6)食事の際にスパイスなどの香辛料を取り入れることも効果的です。ニンニクやトウガラシといった香辛料は食欲を増す働きを持っているので、食欲不振の予防として十分に役に立ちます。

このように、リラックス効果を得られることや、生活習慣を正しくすることなどの副交感神経を働かせ、自律神経を整えていくことで食欲不振が予防できます。
また、カラオケや旅行などで、上手くストレスを発散させるようにしましょう。
※注意!!※
ストレス発散のためにお酒を飲んで二日酔いになったり、タバコを吸いすぎることは食欲不振につながります。

●食生活に気を付ける!
食生活に気を使うこともとても大切です。
好きなものを必要以上に食べる暴飲暴食、天ぷらなどの脂っこいものをたくさん食べたり、深夜にこってりしたものを食べることは控えましょう。

●ほかにも・・・
仕事や運動をして疲れがたまった時は、しっかりと睡眠をとることも大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください