急性アルコール中毒きゅうせいあるこーるちゅうどく

カテゴリ
中毒と環境因子の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

急性アルコール中毒とは

急性アルコール中毒は、短時間で大量にアルコールを摂取することで、普段の心地よい「酔い」とは異なり、意識障害や血圧低下、嘔吐などが起こる中毒症状です。重症になってくると死に至ります。アルコール依存症のない方やお酒に強い方でも起こります。

急性アルコール中毒の症状

急性アルコール中毒になってしまうと、血中のアルコール濃度が一気に濃くなり、自分1人では立って歩けなくなります。体温は下がり、心臓や呼吸に負担がかかってきてしまいます。眠ったまま起きなくなってしまう場合もあります。何らかの刺激を与えて起こそうとしても起きない場合は、意識レベルの低下と言えるので、至急病院へ行くことが大切です。また、気分が悪くなり、嘔吐をしてしまうこともあります。動悸や呼吸困難、顔が真っ赤になる、などの症状もあります。
  
いずれかの症状が重症化してしまうと死亡してしまうことがあるので、早めの対処が重要ポイントです。泥酔してしまい記憶が無くなるのも中毒症状の一つです。

急性アルコール中毒の原因

急性アルコール中毒は血中のアルコール濃度が一気に濃くなることが原因です。肝臓がアルコールを代謝する能力には個人差がありますので、同じ量を飲んでも中毒になる人とならない人とがいます。いわゆるお酒が弱い人はゆっくりと飲む、何かを食べてから飲むなどの注意が必要です。

急性アルコール中毒の治療法

急性アルコール中毒を防ぐためには、血中のアルコール濃度が急激に上がらないようにし、「駆けつけ3杯」をしたりしないこと、一気飲みを進められていても絶対に従わないことです。     
    
一気飲みをさせようとする行為(アルコールハラスメント)を見かけたら、当事者だけでなく周囲も協力して止めることが大切です。自分の適量を知り、最初の30分間はゆっくり飲みます。
体調が悪い時は代謝も悪くなっているので、大量に飲まないことです。
  
空腹時はアルコールが吸収されやすいので、つまみなどを食べながらゆっくり飲むようにします。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

急性アルコール中毒の相談

急性アルコール中毒に関するコラム