鵞口瘡がこうそう

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

鵞口瘡とは

鵞口瘡は、口腔カンジダ症とも呼ばれ、口腔内にカンジダという真菌(かび)が異常増殖し、白いかすのように見えるものを指します。早期ではこすることで簡単に取れますが、進行すると取るときに出血することもあります。乳幼児ではほとんどが良性のものであり、適切な治療で改善することが多いですが、大人では抗生物質使用後など明らかな原因がない場合には免疫不全状態が隠れている場合があります。

鵞口瘡の症状

鵞口瘡の症状には様々なものがありますが、痛みやかゆみなどの特定の自覚症状が少ないこともあります。
そのため、保護者は毎日乳児の口の中を観察して、異常がないかどうかを確認しておくことが良いとされています。
  
鵞口瘡の症状は自覚しにくいものとしても知られているために、定期的に健康診断を受けて健康管理に励むことも非常に重要なこととして指定されています。
ここ最近では、鵞口瘡に関する情報が様々な媒体でやり取りされているために、もしも興味がある場合には適切に情報収集に取り組むことが勧められています。
 
体調不良や口の中の違和感を訴える場合には、この疾患が疑われるために、すぐに医療機関を受診することが望まれています。

鵞口瘡の原因

鵞口瘡の原因としては、カンジダと呼ばれる真菌の一種が指摘されており、母子感染などによって乳児が発症することが増えています。カンジダは、ほぼすべての人の体内に存在する真菌ではありますが、時に免疫力の低下などによって自覚症状が現れます。
  
この疾患は、免疫力がいまだ十分ではない乳児が発症しやすいものといわれていますが、まれに様々な疾患に合併して幼児が発症することもあります。
もしも、鵞口瘡が疑われる症状を自覚している場合には、原因を突き止めるために内科などが設置された医療機関を訪れることが重要です。
とりわけ、鵞口瘡を引き起こすカンジダは症状が長引きやすいことが知られているために、じっくりと根治を目指すことが望まれています。

鵞口瘡の治療法

鵞口瘡を予防するためには様々な方法が挙げられますが、まずは生活習慣をしっかりと整えることが重要です。
  
たとえば、乳幼児の生活習慣は時代の変化に伴って大きく乱れていることが指摘されていますが、免疫力を正常に保つためには、食事や睡眠を大切にすることが良いとされます。
  
また、鵞口瘡の予防策については、かかりつけの医師などにアドバイスを求めることも勧められており、日ごろから健康管理のためのポイントをつかむことが大切です。
ここ数年の間では、各医療機関において鵞口瘡の予防策について、積極的に取り組みが行われることがあります。そのため、定期的に情報収集に取り組むことが非常に重要なこととして取り上げられています。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

鵞口瘡の相談

鵞口瘡に関するコラム