医師監修

乳児突然死症候群とは

乳幼児突然死症候群は、多くは1歳未満の乳児の睡眠中に突然死亡が確認されるものとして知られています。
この疾患については、うつぶせ寝を避ける、周囲での喫煙を避ける、母乳で育てるなどが予防に役立つとされています。

乳児突然死症候群の症状

乳児突然死症候群の症状としては、睡眠中などに突然乳児が死亡する原因不明の疾患です。

この疾患の症状については、各医療機関内においても啓発活動が行われているものの、一般的に十分な周知がなされていないために、発見が遅れることがしばしばあります。

ここ最近では、乳児突然死症候群の症状についての研究が世界的にも進められてきていますが、いまだに明確な原因はわかっていません。

乳児突然死症候群の原因

乳児突然死症候群の原因については、現在においても十分に特定されているわけではありません。

ただし、睡眠中のうつぶせ寝が大きな引き金となっていることが指摘されています。その他にも母乳不足、添い寝、やわらかいベッドで寝る、家族の喫煙などが影響しているといわれています。

まずは赤ちゃんの睡眠環境を整えるのと、6ヶ月くらいまではうつ伏せを避けるようにしてください。

乳児突然死症候群の治療法

乳児突然死症候群を予防するためには、何よりも保護者が自分の子供の健康状態を日常的に把握しておくことが大切です。

特に生後1-6ヶ月で多いので、体調に異変を感じた場合は、小児科に受診しましょう。

また、うつぶせ寝が危険因子の一つですので、生後6ヶ月程度までは気をつけましょう。母との添い寝、添い乳も危険と言われています。これは大人の体重が赤ちゃんにかかったり、布団で窒息する可能性があるためです。赤ちゃんは赤ちゃん用のベッドに寝かせるようにしましょう。また、家族内の喫煙も慎むようにしてください。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

乳児突然死症候群に関するコラム