クッシング症候群くっしんぐしょうこうぐん

カテゴリ
内分泌系の病気
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

クッシング症候群とは

クッシング症候群は、コルチゾールという副腎皮質ホルモンが、体内で過剰に生成されることによって生じる病気全般を指す疾病です。下垂体にできる腫瘍が原因となるケースが多く、クッシング病として区別されています。

クッシング症候群の症状

クッシング症候群にかかると、外見的な症状の特徴は、腹部は太り、手足が細くなることです。
顔はむくみを生じて、ニキビが目立ち、赤らみ、皮膚が薄く柔らかい状態となり、皮下の毛細血管が透けて見えることもあります。皮下出血しやすいので、アザもできやすく、太ももや腹部には、赤紫色の亀裂が生じることもあります。
ホルモンバランスが乱れることから、男性は性欲が減退し、勃起不全となることも少なくないです。女性では、月経異常となり、ひげが濃くなるケースも見られる病気です。クッシング症候群によって、高血圧や糖尿病、骨粗鬆症、筋力低下、多毛、うつ病といった合併症を招くこともあります。

クッシング症候群の原因

クッシング症候群は、主に腫瘍ができることを原因として、コルチゾールが多く生成されて起こる病気です。
脳の下部にある下垂体に腫瘍ができるケースはクッシング病と呼ばれており、副腎皮質刺激ホルモンが過剰に分泌されることで、副腎皮質が刺激され、コルチゾールの量が増大します。
副腎皮質に腫瘍ができるケースでも、コルチゾールの分泌量が増えます。
肺がんや膵臓がんによって、副腎皮質刺激ホルモンが分泌することを起因とするものは、異所性ACTH症候群と呼ばれています。遺伝性はないとされる病気です。家族性はあるとも見られています。

クッシング症候群の治療法

クッシング症候群には、確実な予防法はありませんので、クッシング症候群が疑われたら、病気を進行させないように、専門医を早めに受診し、適切な処置を受けることが大切です。
クッシング症候群によって筋力が落ちると、骨折しやすくなりますので、転倒による骨折の予防に努めましょう。感染症にもかかりやすくなりますので、人ごみも避けるようにした方が賢明です。
糖尿病や高血圧、骨粗鬆症など、合併症の治療も進めていきましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください