食道炎しょくどうえん

カテゴリ
食道の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

食道炎とは

食道炎とは、何らかの原因で食道の粘膜に炎症が生じている状態をいいます。炎症がひどくなると、潰瘍や穿孔などを生じ、重篤な事態となる場合もあります。胃酸の逆流による炎症は逆流性食道炎といわれます。その他、漂白剤などの刺激物の誤飲や極度に熱い食べ物、とがったものによる外傷、感染症などによる食道炎もあります。

食道炎の症状

食道炎の中で多く見られる「逆流性食道炎」のよくある症状は、みぞおちから胸・喉にかけてのやけつくような痛みや不快感です。この胸やけは痛みを伴う場合もあります。他にも、酸っぱいものがこみ上げてくるような呑酸、しめつけられるような胸痛を感じることもあります。喉の違和感や声のかすれなども見られ、気管支炎や喘息などを引き起こすケースもあります。胃では胃もたれや吐き気、膨満感などが主な症状です。「逆流性」の症状が進むと、炎症部から出血し吐血が見られることもあります。
「腐食性」の場合は症状が急性で重篤であるため、救急車による速やかな搬送、入院治療が必要となります。

食道炎の原因

逆流性食道炎は、胃の内容物が食道まで逆流し、酸性の胃液や十二指腸液が食道粘膜を侵すことで炎症が起きます。原因は主に、逆流を防ぐ下部食道括約筋の働きの低下や、脂肪分の取りすぎによる胃酸の過剰分泌などとされています。
口からの異物により食道粘膜が傷つき、そこから細菌が入って生じる「感染性」もあります。
抵抗力のない年配の方や、エイズなどの患者さんにカンジダが感染しておこる炎症も、「感染性」の一種です。
また、抗生物質などある種の薬剤が食道に留まって引き起こす「薬剤性」もあります。
アルカリ電池の誤飲などで起こる「腐食性」は、酸やアルカリが食道粘膜を腐食しておこるものです。

食道炎の治療法

逆流性食道炎の予防は食生活の改善が有効です。甘いものや脂肪分の多いもの、香辛料などの刺激物や酸味の強い果物を控えましょう。腹八分を心がけ、体重を増やさないように適度な運動をすることも大切です。
また、アルコールは下部食道括約筋の働きを低くさせるため摂取を控えましょう。カフェインも胃酸の分泌を増やすので注意が必要です。
食後2~3時間は胃の内容物が逆流しやすくなっています。就寝までに数時間あけることが望ましいです。逆流を防ぐために、枕を置いて頭の位置を少し高くすることも効果があります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください