マロリー・ワイス症候群まろりー・わいすしょうこうぐん

カテゴリ
食道の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

マロリー・ワイス症候群とは

マロリー・ワイス症候群は、嘔吐後の下部食道からの出血により吐血や下血を生じる疾患です。飲酒後の嘔吐やつわりによる嘔吐などでも、胃からの出血により吐血などの症状を示すものです。出血が多いようであれば、輸血や内視鏡的止血、手術などが必要となることもあります。

マロリー・ワイス症候群の症状

マロリー・ワイス症候群が引き起こす症状としては、嘔吐した後におこる吐血、あるいは下血といったものがあり、胃からの出血により引き起こされます。さらに出血過多による立ちくらみの病状が表れることもあります。その他、みぞおち辺りに痛みを感じることもあります。また、その痛みが大きい場合には、突発性の食道破裂を引き起こしている場合もあるため注意が必要です。もし胃の裂創部からの出血が多いと、全身にショック症状が表れます。その場合には、輸血を行うなどの対応を行わなければなりませんが、そうなる前に胃カメラを受けて出血している部分をクリップで止血する必要があります。
また、マロリー・ワイス症候群は、一度症状が起こると、再び発症する可能性が高くなります。この病気による病状がなるべく習慣化しないように、適度な静養を必要とします。

マロリー・ワイス症候群の原因

マロリー・ワイス症候群が起こる原因には、食道の出口と胃の入り口を接続している部分に生じる、縦方向の裂傷が挙げられます。激しい嘔吐を習慣的に繰り返していると、強い腹圧により食道胃接合部の付近に対して、強い進展力が生じます。その結果として、消化器官の粘膜に強い負荷がかかり、裂創が起こるようになります。
飲酒による嘔吐が習慣的になっている人が、特にこの病気にかかる可能性は高いです。しかし、マロリー・ワイス症候群が発症する原因は、必ずしも飲酒ばかりとは限りません。食中毒や乗り物酔いなど、嘔吐により食道胃接合部付近に強い力がかかることにより、粘膜部分が避けた結果として、吐血などの病状が起こることもあります。

マロリー・ワイス症候群の治療法

マロリー・ワイス症候群を予防するための方法としては、食道と胃の接合部分の裂傷がなるべく起こらないように、嘔吐の原因を取り除くことが先決です。過度の飲酒による嘔吐が習慣化しているケースである場合には、飲酒をなるべく控えることが必要です。
またその他にも、食中毒や乗り物酔いといった原因を起こらないように、事前に適切な対処を必要とします。また、吐血の症状が軽い場合には、安静にしてこれ以上病状が悪化しないように心がけることが大切です。そうすれば、自然と吐血や出血の量の症状が回復していく可能性は高くなります。
症状が軽度であれば胃酸を抑える薬や粘膜を防御する薬で良くなりますが、症状が良くならない時は胃カメラ検査が必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

マロリー・ワイス症候群に関するコラム