眼瞼下垂がんけんかすい

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂(がんけんかすい)は、まぶたが開きにくくなる病気の一つで、正面を向いた際に瞳孔の上までまぶたが上がらない、もしくは上げられない状態のことを言います。生まれつきの先天的眼瞼下垂と、加齢や神経疾患などに伴う後天的下垂、そして偽眼瞼下垂に分けられます。

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂の症状は、瞳孔にまぶたがかかる軽度の眼瞼下垂と、まぶたが瞳孔をふさいでしまっている重度の眼瞼下垂に分けられます。
  
まぶたを意識的にあげることが難しいため、無意識におでこの筋肉を使うことにより、おでこにしわが寄ります。おでこを無理にあげようと意識的に行うことにより、おでこにしわが3本入ってしまうケースや三重まぶたのように、くっきり刻まれてしまうケースもあります。
 
このことにより、眼精疲労や肩こり、頭痛などの二次的症状を引き起こす場合もあります。まぶたを上げ下げすることに困難が生じるため、視界が狭くなったり、見づらいという症状も併発します。

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂の原因は、生まれながらにして下垂気味の先天性のものと、加齢やコンタクトの着用、眼筋疾患などにより、まぶたを上げる筋肉が下がってしまうことが原因の一つとして考えられています。
 
長時間のパソコン作業や、集中して目を使う作業が多い方など生活習慣や加齢に伴い、筋肉の衰えも発症する要因の一つです。加齢に伴う筋肉の衰えで発症する方もいますが、目を酷使した生活を続けることにより、少しずつまぶたを上げる筋肉に負担がかかり、衰えてしまう場合もあります。加齢も一つの原因と考えられていますが、目に負担をかける生活を続けることによって、若い方で発症する場合もあります。

重症筋無力症や瞼を動かす神経が麻痺して起こることもあります。

眼瞼下垂の治療法

眼瞼下垂は、加齢に伴う筋肉の衰えと、慢性的に目を酷使することによって発症する場合があるので、集中してパソコン作業をした場合などは、マッサージなど目のケアが予防につながります。
  
コンタクトレンズの、正しい着用も予防の一つとして重要です。加齢に伴い症状が現れてくる場合もありますが、年齢によるものと考えず、いつもより視界が狭いなどの症状を感じたら早めに専門医を受診する事も大切です。早めに症状に気づくきっかけの一つにもつながります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

眼瞼下垂の相談