近視きんし

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

近視とは

近視は近くの物が見えるけれど遠くのものがみえないといった状態をさしています。医学的には網膜よりも前で形をとらえてしまうために、物がぼやけて見える状態のことを指しています。角膜から網膜までの長さが長すぎるために起こったり、角膜や水晶体の屈折力が強すぎることによっておこります。

近視の症状

近視では、近くのものは見えるのに、遠くのものが見えにくくなります。
はじめは、学校などで黒板が見えにくくなったり、眼を細めてテレビを見るようになったりして気づかれることもありますが、自覚症状がなく、学校の検診ではっきりすることも多いです。軽度の近視から、徐々に進行していく場合が多いです。進行するに従ってより近いものも見にくくなっていきます。
強度近視では、網膜剥離などを起こすこともあります。

近視の原因

遺伝的な要因と環境的な要因から起こると考えられています。
親が近視であると、子どもが近視になる可能性は高くなります。また、暗いところや、必要以上に目を近づけての勉強や読書、ディスプレイを見る作業などで、目への負担がかかることも影響するのではないかといわれています。

近視の治療法

視力や症状に応じて眼鏡を使用するようにします。はじめは、見にくい時だけかけるようにしたり、少し弱めの度数のものを使うようにすることで、進行防止になることもあります。
また、読書など目を使う作業の際は、明るい環境で、姿勢よく行うようにし、こまめに休憩を入れるようにすることが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください