乱視/正乱視/不正乱視らんし/せいらんし/ふせいらんし

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

乱視/正乱視/不正乱視とは

乱視/正乱視、不正乱視の共通点は光の屈折がずれて焦点が合わなくなってしまう状態で、正乱視と不正乱視の2種類あります。
正乱視はレンズが一定方向にゆがみ、不正乱視はレンズが不規則にゆがんでいます。正乱視はメガネで矯正できますが、不正乱視はできません。

乱視/正乱視/不正乱視の症状

乱視/正乱視、不正乱視になると、対象物までの距離は関係なくぼやけて見えるため、どこにもピントが合わない状態です。レンズがゆがむことで乱視は発生しますが、そのゆがみの方向によって、3タイプに症状が分かれます。
上下方向にゆがんでいる場合は直乱視、横方向にゆがんでいる場合は倒乱視、斜めにゆがんでいると斜乱視とよばれます。
多い症状は直乱視で、斜乱視は少ないです。
放射状の線を見たときには、ピントがあっていない方向の線がぼやけたり二重に見えたりします。正乱視の場合は、はっきり見えている線の方向が乱視の軸角度で、これをもとにゆがみの方向を確かめられます。

乱視/正乱視/不正乱視の原因

乱視/正乱視、不正乱視には先天性と後天性の原因があります。
先天性の場合は、出産時の環境が影響する場合が多いです。通常は産道を通って出てくるときに、お腹にいるときに圧迫されていた眼球を通常な状態に戻します。帝王切開の場合は、その機会がないため、普通分娩で生まれた場合より乱視の子どもが多いという報告があります。
後天性の場合は、角膜炎や円錐角膜などの眼科疾患が原因となります。また、さかまつげが角膜に傷をつけることで、乱視になってしまうこともあります。見えにくいときに目を細めることで、乱視になることもあるため、注意が必要です。

乱視/正乱視/不正乱視の治療法

後天性の原因による乱視/正乱視、不正乱視を予防するには、いくつかの方法があります。
まず、円錐角膜や角膜炎になるのを防ぐことです。目に傷をつけないよう、汚れた手で目をこするなどをしないようにします。
また、さかまつげの改善も効果的です。さかまつげによって角膜に傷がつき、乱視になるのを防げます。
物が見えにくいときには、目を細めてしまいがちですが、メガネやコンタクトなどで視力の矯正をするのも予防法の一つです。目を細めることで眼球に圧がかかり、角膜や水晶体がゆがむのを促進する可能性があるからです。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

乱視/正乱視/不正乱視の相談

乱視/正乱視/不正乱視に関するコラム