角膜炎かくまくえん

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

角膜炎とは

角膜炎とは何らかの原因により眼の黒目部分である角膜に炎症を起こし、目に痛みやごろつきなどさまざまな自覚症状を引き起こす病気のです。角膜に炎症を起こす原因にはいくつかありますが、総称して角膜炎と呼んでいます。

角膜炎の症状

角膜炎の症状には以下のようなものがあげられます。
・目がゴロゴロする
・目がしょぼしょぼする
・涙や目やにが出る
・目の充血
・目の痛み
・まぶたの腫れ
・黒目の濁り
・視力低下
  
症状は一般的に片方の目のみに現れることが多いです。また症状が急激に進行する場合もあります。治療が遅れると角膜に潰瘍を起こしたり、穴が開いてしまう事もあり、角膜の濁りが残ってしまったり最悪の場合、失明することもあります。そのため、できるだけ早く治療を始める必要があります。治療期間も原因によって異なりますが、長くかかったり再発する場合もあるので注意が必要です。

角膜炎の原因

角膜は体の表面にあるため通常は病原体が簡単に侵入しないよう丈夫な構造をしています。しかし何らかの原因によって角膜が刺激を受け傷がつくと病原体が角膜内に侵入し感染してしまい、角膜炎を引き起こします。
  
角膜が病原体に感染する原因には以下のものが考えられます。
・ゴミが入った際に目を強くこする
・植物の枝葉が入るなどによる外傷
・コンタクトレンズの着用による角膜への傷
・コンタクトレンズの誤った手入れや着用方法によるカビや微生物への感染
・角膜ヘルペス
・ドライアイによる涙の減少
・ステロイドの点眼薬の長期使用
・さかさまつげ

角膜炎の治療法

角膜炎を予防するためには日頃から目をこすらないようにする事が大切です。目にゴミが入った時には目薬や水道水などで洗い流すようにすると効果的です。
  
また、目に異物が入る可能性がある作業の際にはメガネをかけることをおすすめします。コンタクトレンズを使用している人は日ごろから手入れを怠らず、正しい着用方法を守ることが大切です。
  
眼科での定期健診も怠らないようにし、ドライアイやさかさまつげがある人は放置せず病院で適切な処置を受けると予防につながります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

角膜炎の相談

角膜炎に関するコラム